脚痩せに効果のある運動ベスト3をご紹介

脚痩せを目指している方にとって気になるのが、運動をすることで逆に脚が太くなるのでは…ということではないでしょうか。

運動をして筋肉をつけることで、脚を引き締めたい、という思いもありますが、筋肉がつくこで脚がムキムキにならないか、余分な筋肉がつき脚が太くならないか心配になりますよね。

そこで、脚を太くすることなくホッソリさせることができるオススメな運動を3つご紹介します。

ヨガ

ヨガは女性らしい筋肉をつけるのにピッタリな運動です。

強い負荷をかけることなく、ゆっくりとした動きで行うので、しなやかな筋肉がつき、ムキムキになることはありません。

また表面の筋肉よりもインナーマッスルに効くポーズが多いので、太ももやお尻を内側から引き締めてくれます。
インナーマッスルを鍛えることで、基礎代謝がアップするので痩せやすいカラダになるのも嬉しいポイントです。

ヨガは血流を良くし、リンパの流れがとてもスムーズになるので、浮腫みによる水太りや、筋肉に老廃物などがついて固くなる筋肉太りにも効果的です。

ヨガ教室などに通う時間がない方は、自宅でもできるし、雨の日や寒い日でも室内でできるのがいいですよね。
肩こりや生理痛の改善にも効果があるので、デスクワークで肩こりがひどい方や、からだが冷えやすく生理痛が重い方にもオススメです。

ウォーキング


脚痩せと言えばウォーキング!というくらいメジャーな運動です。
ウォーキングが脚痩せに効く理由はいくつかあります。

まず一つ目は、ふくらはぎをしっかり使うことで、血流やリンパの流れがスムーズになり、浮腫みの解消と代謝アップが期待できます。
ふくらはぎは、第二の心臓と呼ばれるくらい、血流にはとても大切な場所です。そのふくらはぎを使うことで、ポンプのような働きをし、血流だけでなく滞りがちなリンパを流し、浮腫みを解消してくれます。

二つ目は、足の筋肉を効率良く鍛えられるということです。
歩くという行為はとてもシンプルですが、足の様々な筋肉を使います。また手をしっかり降ることで、二の腕やウエストにも効果があります。
かかとから着地し、つま先で蹴り上げるようにして歩くだけで、太ももの後ろの筋肉やお尻の筋肉もしっかり使うことができ、たるんだ太ももを引き締めて、さらにヒップアップの効果も期待でます。

また大股でしっかり歩くことで、股関節周りの筋肉が使え、内ももがキュッと引き締まってきます。

ウォーキングで脚痩せを目指す際は、きちんとウォーキングシューズを履き、坂道など負荷がかかる場所は避けるようにしましょう。
そうすることで、鍛えたい筋肉を効率的に鍛え、負荷がかかりすぎて脚が太くなるのを防ぎます。

水泳


水泳は、しなやかな筋肉がつくだけでなく、水圧によって浮腫みが解消されるのも嬉しいポイントです。

また水の中にいることで、カラダが冷えないように温めようと代謝が上がるので、それだけでもダイエット効果があります。

脚痩せを狙うなら、バタ足を使ったクロールなどがオススメです。
脚をしっかり伸ばしてバタ足することで、効率良く筋肉を鍛えることができます。

ただし、キツくなるまで頑張る必要はありません。必要であればビート板などを使い、ゆっくりバタ足するだけでも十分効果が得られます。また疲れたら水中ウォーキングでも大丈夫です。

ヨガやウォーキングに比べると、場所も必要ですし、どうしてもジムなどに通う必要があるのでお金もかかってしまいます。

ただ、脚だけでなく二の腕やウエストなど他の部分もかなり痩せることができますし、お友達と通ったりすれば楽しく続けられます。

余裕のある方はプールもオススメです。

いかがでしたか。
プールはちょっと違いますが、ウォーキングやヨガはすぐにでも始めれれるので、とりあえずやってみる、という方にはオススメです。

また、最初から「毎日1時間!」などと厳しい目標をたてると挫折する確率が上がってしまいます。
まずは長く続けてみることを目標に取り入れてみてはいかがでしょうか。

ダイエットサプリで1ヶ月で太ももが50cm→43㎝に!

浮腫みやすいデスクワークOLが
たった1ヶ月ダイエットサプリを飲むだけで、太ももにが50cmから43cm、体重が49キロから44キロに。
浮腫みとセルライトに効くダイエットサプリとは…

1ヶ月で5㌔痩せたダイエットサプリの詳細はこちら

このページの先頭へ