1回で腹筋100回の効果!?スクワットのダイエット効果

ダイエットのための筋トレというと、腹筋がメジャーですよね。
ポッコリお腹を解消したい!キレイなくびれがほしい!という時は、とりあえず腹筋をしておこう、となりますよね。

しかし、腹筋よりももっとダイエット効果のあるのが、スクワットなんです。

スクワットなんて、中学校の部活以来やってないよ!という方も多いかもしれませんが、実は腹筋だけでなく全身の筋トレにもなり、モデルさんにも人気のある筋トレ方法なんです。

そこで、スクワットのダイエット効果や、正しいスクワットのやり方などご紹介したいと思います。

1回で腹筋100回の効果!?スクワットのダイエット効果

腹筋をした場合、鍛えられるのは腹筋と背筋だけですが、スクワットは太もも、腹筋、背筋、ヒップの筋肉など全身の筋肉を鍛えることができます
軽くつま先立ちをすればふくらはぎも鍛えることができます。

腹筋は筋肉が小さいので、一生懸命鍛えても基礎代謝はなかなか上がらないんです。
お腹の脂肪を落とそう!と思っても、実は基礎代謝を上げて脂肪が燃えやすい体にならないとお腹の脂肪も落ちないので、腹筋をしてお腹の筋肉を鍛えるだけでは脂肪はなかなか落ちてくれないんですね。

スクワットであれば全身の筋肉、特に筋肉の大きい太ももやお尻の筋肉も鍛えることができるので、基礎代謝がグッと上がります
腹筋100回をするのと、スクワット1回の筋肉量の増加は一緒、とも言われているほど、筋肉を増やすことができるんですね。

元から脂肪が少なく、お腹を割りたい!というような方には腹筋は有効ですが、皮下脂肪や内臓脂肪を減らしたい場合にはスクワットのほうがいいんです。

正しいスクワットのやり方

スクワット

  1. まず、肩幅程度に脚を開いて立ちます。つま先を気持ち外に向けて立った方が、太ももの裏側の筋肉に効くのでおすすめです。
  2. 背中は丸めすぎず、背筋を伸ばします。膝は軽く曲げましょう。
  3. お尻を後ろに引くようにして腰を落としていきます。3~4秒かけてゆっくり落としましょう。膝が前に出すぎないように注意しましょう。
  4. 太ももの後ろに力が入っていることを確認し、1~2秒キープ。
  5. 3~4秒かけてゆっくりもとに戻します。
  6. 10回で1セット、これを1日に3~4セットしましょう。

寝る前などは体温が上がって眠りにくくなるので、睡眠の1時間前までにしましょう。
慣れるまでは椅子の背もたれなどを使って、体を支えるといいですよ。

全身の筋肉をまんべんなく鍛えて、代謝を上げてダイエットしましょう。

ダイエットサプリで1ヶ月で太ももが50cm→43㎝に!

浮腫みやすいデスクワークOLが
たった1ヶ月ダイエットサプリを飲むだけで、太ももにが50cmから43cm、体重が49キロから44キロに。
浮腫みとセルライトに効くダイエットサプリとは…

1ヶ月で5㌔痩せたダイエットサプリの詳細はこちら

このページの先頭へ