甘酒で便秘解消してダイエット!効果や飲み方、作り方など

甘酒、というとお祝い事の時ちょっと飲むもの、というイメージがあり、普段はあまり飲む機会がないかもしれませんが、実は便秘解消やダイエットにとても向いている飲み物なんです。

そこで、甘酒の効果や飲み方、自宅で簡単に作る方法などご紹介していきたいと思います。

甘酒

甘酒が便秘解消やダイエットにいい理由

乳酸菌が豊富

便秘解消

甘酒はお米と米麹を発酵して作られているため、乳酸菌がとても豊富で、この乳酸菌が腸内の善玉菌を増やしてくれます。
善玉菌が増えると、善玉菌が出す乳酸や酢酸によって腸内が酸性に保たれ、腸の動きが活発になり便秘が解消されます。

便秘が解消されるとお腹周りの血流やリンパの流れがよくなるため、下半身の浮腫み予防冷え予防にもつながり、ダイエットにも効果があります。

また、腸内の善玉菌が増えて便秘が解消されることで、体内の老廃物がしっかり排出され、肌荒れやニキビなどの予防にもつながります。

ビタミンB群が代謝アップ

ストレッチ

甘酒には糖質や脂質、タンパク質の代謝には欠かせないビタミンB群がたっぷり入っています。
そのため、代謝がアップして痩せやすくなるだけでなく、疲れにくくなる効果もあります。

ビタミンB群が不足すると、糖質や脂質が上手く代謝できず体脂肪として体についたり、皮脂として毛穴から出てきてしまい、ニキビなどの原因になってしまいます。
また、食べたものをエネルギーに変えられないので疲れやすくなります。
エネルギーが上手く作れないので、体はもっとエネルギーがほしい!とさらに甘いものやこってりしたものなんかが欲しくなりますが、甘酒でビタミンB群を補うことで解消されるんですね。

オリゴ糖が腸を元気に

便秘解消

甘酒にはオリゴ糖も豊富に含まれていますが、オリゴ糖は腸内の善玉菌のエサになり、腸を元気にしてくれます。
そうすることで、腸が活発に動いて便秘解消にも役立ちますし、腸が動く分代謝も上がって基礎代謝アップ効果もあります。

腸が元気になってキレイになることで、老廃物がしっかり排出されて美肌効果もあります。

ヨーグルトより甘酒がおすすめな理由

ヨーグルト

乳酸菌、というとヨーグルトを最初に思い浮かべる方も多く、お通じのためにヨーグルトを食べている、という方は多いのではないでしょうか。
ヨーグルトには乳酸菌がたっぷり含まれていて、この乳酸菌が腸内の善玉菌を増やしてくれるので、腸の中を綺麗にしてくれます。
また、乳酸菌には腸のぜん動運動を活発にする効果があるので、排便を促してくれます。

しかし、便秘のためにヨーグルトを食べているけど、実際にヨーグルトが便秘に効いた、という方は実は少ないんではないでしょうか。

もし便秘のために毎日せっせとヨーグルトを食べている場合、もしかしたらそれは便秘を悪化させているかもしれません

というのも、日本人はもともと乳製品を食べる習慣がなかったので、きちんと消化できる体質の人はほとんどいないと言われています。

消化できないのがそんなに重要なの?と思うかもしれませんが、消化できなかった乳製品は腸の中でドロドロのヘドロのようになって腸にこびりついてしまいます。

そうするとせっかく摂った栄養がきちんと吸収できず、代謝が落ちて太りやすくなったり、肌荒れを起こしたり、便秘を引き起こしてしまいます

でも、甘酒なら乳製品を取らずに乳酸菌をしっかり摂れるので、日本人の体質にとても合っているんですね。

甘酒には2種類ある

そんな甘酒ですが、実は甘酒には2種類あるってご存知でしたか。

甘酒には酒粕で作られた甘酒と、麹菌で作られた甘酒があります。

よくお正月に飲むのは酒粕で作られたほうの甘酒です。残念ながらこちらの甘酒にはほとんど乳酸菌は含まれていない上、酒粕に多量のお砂糖を入れて作るので、ダイエット上あまりオススメできません。

乳酸菌が豊富なのは麹菌で作られたほうの甘酒です。

こちらの甘酒は、炊いたお米と麹菌を混ぜて発酵させただけのシンプルなものなんですが、麹菌を発酵させることで、乳酸菌だけでなくビタミンやミネラルがたくさん作られ、「飲む点滴」とまで言われているほどです。

アルコールも含まれていないので、お子様でも安心して飲めます。

甘酒を手作り!?簡単な作り方

甘酒は、実は家庭でも簡単に作ることができるんです。
用意するものは、炊いたお米と麹菌、炊飯器、棒温度計だけです。

材料

  • 炊いたお米・・・1合
  • 乾燥麹菌・・・200g
  • お水・・・400g

作り方

1.ご飯を炊き、保温スイッチを押し、お水を加えて70℃くらいになるまで混ぜて冷やす。
2.こうじを揉みほぐして入れる。
3.こうじと良く混ぜ合わせて、だいたい60℃ぐらいになるまで下げる。
4.炊飯器のふたは開けたまま布巾をかける。
5.1~2時間たったら様子を見て、しゃもじでよく混ぜる。
6.5~6時間たったらもう一度よく混ぜます。
※この時点でかなり甘いので、味見してみましょう。
7.10時間後、出来上がりです♪

冷蔵庫で1週間、冷凍庫で一ヶ月保存ができます。
そのまま飲んだり、豆乳やお酒で割って飲んだり、すりつぶしてお砂糖の代わりに料理に使ったり出来ます。

時間はちょっとかかりますが、手間はかからないのでオススメです。

また手作りはちょっと難しいという方は市販のものもオススメです。管理人一押しはこちら。


八海山 麹だけでつくったあまさけ 825g

味は甘い白玉団子みたいで、甘酒苦手ですがこれなら飲めます。

これを飲み始めてから便通がよくなったのと、お肌が白くなりました。ニキビもできにくくなったので、肌荒れに悩む方にもオススメです。

甘酒アレンジレシピ

甘酒がいい、と分かってもあの味がどうも苦手…という方は多いですよね。
そこで甘酒が飲みやすくなるアレンジレシピをいくつかご紹介したいと思います。

+豆乳+ココア

cocoa2

甘酒独特の味が苦手なら、豆乳ココアがおすすめです。
ココアの風味で甘酒の味が和らいで飲みやすくなります。
ココアは甘味の付いていないピュアココアがおすすめです。

+豆乳+バナナ

バナナ

ミキサーをお持ちの方は、豆乳とバナナと甘酒でスムージーもおすすめです。
バナナや豆乳に含まれているオリゴ糖や食物繊維でさらに便秘解消効果がアップします。

+白玉粉

白玉

白玉粉に甘酒と適量の水を混ぜて耳たぶくらいの柔らかさにし、茹でるだけで、ちょうどいい甘さのお団子ができます。

+ジャム

ジャム

温めた甘酒に、お好みでジャムを入れることで味が変わって飲みやすくなります。
イチゴジャムやマーマレードなどおすすめです。

まとめ

甘酒は便秘解消やダイエットだけでなく、夏バテなど元気がない時にもおすすめの飲み物です。

女優さんやモデルさんの中にも毎日飲んでいる、という方がいるほどで、健康的にダイエットしたい方、美肌になりたい方にはもってこいのドリンクです。

最近ではスーパーでもよく見かけるようになったため、気になった方は一度試してみてはいかがでしょうか。

ダイエットサプリで1ヶ月で太ももが50cm→43㎝に!

浮腫みやすいデスクワークOLが
たった1ヶ月ダイエットサプリを飲むだけで、太ももにが50cmから43cm、体重が49キロから44キロに。
浮腫みとセルライトに効くダイエットサプリとは…

1ヶ月で5㌔痩せたダイエットサプリの詳細はこちら

このページの先頭へ