バジルシードで便秘を解消してダイエット!おすすめの食べ方は?

グリーンスムージーなどでチアシードが有名になっていますが、バジルシードというのも人気があります。

バジルシードはタイが原産の種子で、食物繊維が豊富でカロリーもかなり低いため、便秘解消だけでなくダイエットにもとても向いています。

そんなバジルシードの便秘解消やダイエット効果、おすすめの食べ方などをご紹介したいと思います。

バジルシード

バジルシードの便秘解消効果とダイエット効果

バジルシードは50%が食物繊維でできています。
それも不溶性の食物繊維なので、腸の中の老廃物などをしっかり吸収して体外に出してくれるので、美容効果もある上便秘もしっかり解消してくれます。

不溶性の食物繊維は便のカサを増して腸のぜん動運動を促してくれるので、ダイエット中で食事の量が減って便秘になっている方にとてもおすすめです。

油の多い食事と一緒に摂ることで、余分な油を吸収して体の外に出してくれるのでダイエット効果もあります。

また、バジルシードは水分を含むと30倍に膨らみます。
チアシードが10倍程度なので、水分と一緒に摂ることでさらに満腹感を感じることができます。

逆に言うと、そのくらいしっかり水分を一緒に摂っていないと腸の中で水分を奪って便が固くなってしまうので、バジルシードを食べる時は水分に浸けてから食べるか、一緒に水分をしっかり摂って食べるようにしましょう。

α‐リノレン酸が代謝アップ

バジルシードには、なかなか摂ることのできないα‐リノレン酸という種類の油が含まれています。

α‐リノレン酸は青魚などに含まれている油と同じ種類で、血液中の悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やす効果があります。
善玉コレステロールが増えることで血液はサラサラになり、血流がよくなるので冷えが解消されて代謝アップ効果が期待できます。
また、血流がよくなって代謝がよくなることで浮腫みも解消されるので下半身が痩せやすくなります。

カロリーはチアシードの1/4!

カロリーは1gあたりたったの1kcalしかありませn。
チアシードが4kcalなので、1/4ですね。

たくさん食べてもほとんどカロリーにならないので、ダイエット中の方にはおすすめです。

バジルシードおすすめの食べ方は?

バジルシードは水分を含むとプルプルの食感になり、まるでタピオカのようになります。
そのため、ココナッツミルクやミルクティーなどととても合います。

また、ヨーグルトとも合うので、普段ヨーグルトを食べている方にはおすすめです。

これらの食べ方は、水で膨らませてから食べる方法ですが、サラダにかけたりクッキーやパン、ベーグルに混ぜて焼く方法もあります。意外とハンバーグに混ぜるのも合うようです。

少しの量でも水分と一緒に摂ることでお腹が膨らむので、普段の食事や、ちょっと買ってきたコンビニやスーパーのお惣菜にプラスするのもいいですね。

バジルシードを使ったダイエット方法

バジルシードをダイエットとして使う場合、2通り使い方があります。

  • 食事の置き換えとして食べる
  • 食事の前に食べて食事量を減らす

この2つです。

どちらの場合もバジルシードをお好きな飲み物で膨らませてから食べます。量の目安は1回あたりバジルシードスプーン1杯多くても1日に合計2杯までにしておきます。

スプーン1杯でも30倍に膨らむので、水分はコップ1杯と、少し多めに用意しておきましょう。

飲み物は何でも大丈夫ですが、毎日のことなのであまりカロリーが高いジュースはおすすめできません。
特に、食事の前に食べる場合は、その後減らす食事量のカロリーより増えてしまうと、ダイエットがスムーズにいかなくなります。できれば砂糖たっぷりのジュースより、スムージーやココナッツジュースなど、ヘルシーなものがおすすめです。

また、食事の前に食べる場合は食事の20分前には食べるようにしましょう。
そうすることで満腹中枢が刺激され、食事量を抑えやすくなります。

簡単に取り入れられてダイエット効果&便秘解消効果が高いので、気になった方は試してみてくださいね。

ダイエットサプリで1ヶ月で太ももが50cm→43㎝に!

浮腫みやすいデスクワークOLが
たった1ヶ月ダイエットサプリを飲むだけで、太ももにが50cmから43cm、体重が49キロから44キロに。
浮腫みとセルライトに効くダイエットサプリとは…

1ヶ月で5㌔痩せたダイエットサプリの詳細はこちら

このページの先頭へ