あなたの便秘はどのタイプ?便秘の種類と特徴

一口に便秘、と言っても実は種類があり、種類ごとに解消法も違います。

間違った方法を続けてしまうとかえって便秘が悪化したりなかなか解消されなかったりするので、一度確認しておきましょう。

便秘の種類

器質性便秘

器質性便秘

便秘にはまず大きく分けて機能性便秘器質性便秘があります。
機能性便秘とは、腸自体には問題がないけれど、腸の動きが何らかの理由で鈍くなり、便秘が起きている状態です。

対して器質性便秘は、腸自体に問題があり、捻れて腸が狭くなっていたり、腫瘍や炎症が起きていたり、先天的に腸の長さや大きさに異常がある状態です。

器質性便秘は病院で診てもらわなければ根本的に治ることはなく、大腸がんなどの病気が潜んでいる可能性もあります。
便秘以外に発熱、吐き気や嘔吐、血便、腹痛などの症状が現れたら病院で一度診てもらうことをおすすめします。

潜んでいる可能性のある病気としては、大腸がん、腸閉鎖、腸捻転、子宮筋腫、腹膜炎、潰瘍性大腸炎、などが考えられます。

器質性便秘の治し方

器質性便秘の場合、潜んでいる病気を治さない限り便秘も治すことができません。
自力で治すことはできないため、一度病院で診てもらいましょう。

機能性便秘

機能性便秘
機能性便秘の中には、急性便秘、慢性便秘、医原性便秘の3種類があります。

急性便秘

急性便秘は、一時的に腸の動きが鈍くなって便秘になります。
ダイエットで食べる量を減らした、体調が悪くしばらく寝たきりになった、水分摂取量が足りなかった、新居や転職などで一時的に強いストレスがかかった、などが原因として考えられます。

急性便秘の治し方

急性便秘は、基本的にはそれまでの食生活や生活リズムを守って続けていれば、自然と便秘も解消されます
ただ、腸の中で便が硬くなって詰まってしまうと、その後に続く便もどんどん詰まって硬くなってしまうので、便を柔らかくする効果のあるマグネシウムなどを意識して摂ることで、解消されやすくなります。
水分をしっかり摂って、ストレッチやウォーキングをすることも効果的です。

医療性便秘

医療性便秘は、薬の副作用で起こる便秘です
ガンの治療で起きる便秘はほとんどがこの医療性便秘です。
抗がん剤によって自律神経が乱れたり、痛み止めなどによって腸の動きが鈍くなるので便秘を引き起こしてしまいます。

医療性便秘の治し方

医療性便秘は残念ながら薬をやめることはできないので、下剤を使って便秘を解消することになります。
担当のお医者さんや看護師さんに相談し、下剤の量を調整してもらいましょう。

慢性便秘

慢性便秘は、いわゆる皆さんが想像している便秘です。
大腸内に便が詰まり、数日以上便が出ないのが続くことです。

慢性便秘

慢性便秘の中にもさらに3種類あり、弛緩性便秘、痙攣性便秘、直腸性便秘があります。

弛緩性便秘

弛緩性便秘

便秘で悩む女性の8割がこの弛緩性便秘、と言われているくらいとてもメジャーな便秘です。
大腸筋が緩んで便を押し出す力が弱くなったり、腸のぜん動運動が弱まることで便秘を引き起こします。
運動不足の方やデスクワークの方、高齢者によく見られます。

弛緩性便秘の治し方

弛緩性便秘を治すには、腸のぜん動運動を活発にしてあげる必要があります。
効果的なのは筋肉をつけること、食物繊維やオリゴ糖、乳酸菌などを摂って腸のぜん動運動を促すことです。
特に不溶性の食物繊維は水分を吸って膨らみ、カサを増して腸を刺激してくれ、便秘を解消してくれます。
また、オリゴ糖や乳酸菌は腸の中の善玉菌を増やしますが、善玉菌が増えることで腸が酸性に保たれますが、酸性になることで腸の動きが活発になり便秘が解消されやすくなります。

痙攣性便秘

痙攣性便秘

腸が痙攣することで便がスムーズに運ばれず起こる便秘です。
ストレスによるものや、下剤の乱用でも起こります。
腸の刺激を促すタイプの便秘薬などを使うと便秘が悪化することがあります。
便秘と下痢と繰り返しやすいという特徴もあります。

痙攣性便秘の治し方

痙攣性便秘は、まずストレスを解消してリラックスする時間を作ることが効果的です。
ストレスが溜まったままだと自律神経が乱れやすく、なかなか治りません。
また、腸を刺激するタイプの不溶性食物繊維はあまり向いてなく、便を柔らかくする水溶性食物繊維や、腸の動きを正常にするオリゴ糖や乳酸菌を摂るのもおすすめです。
腸内環境が整うことで、セロトニンというストレスを緩和してくれる物質が出やすくなるので、オリゴ糖や乳酸菌はおすすめです。

直腸性便秘

直腸性便秘

直腸性便秘は、便が直腸(肛門のすぐ近く)まで来ているのに、脳に便意が伝わらず出てこない便秘です。
便意を我慢しすぎたり、浣腸を何度も行うことで起こります。

直腸性便秘の治し方

直腸性便秘を治すには、まずは便意を我慢しないことです。
また、直腸で便が固まっているため、便を柔らかくする効果のあるマグネシウムを摂るのも効果的です。水分をしっかり摂り、マグネシウムも摂ることで便の水分量がアップし、便が柔らかくなって出やすくなります。
決まった時間にトイレに行く、というのも効果があります。朝ご飯を食べた後など、5分から10分、最初は便意を感じなくてもトイレに入ることで次第に体が慣れて便意を感じやすくなります。

ダイエットサプリで1ヶ月で太ももが50cm→43㎝に!

浮腫みやすいデスクワークOLが
たった1ヶ月ダイエットサプリを飲むだけで、太ももにが50cmから43cm、体重が49キロから44キロに。
浮腫みとセルライトに効くダイエットサプリとは…

1ヶ月で5㌔痩せたダイエットサプリの詳細はこちら

このページの先頭へ