ホットヨーグルトでダイエット!便秘解消効果や食べ方は?

最近、ホットヨーグルトがダイエットにいいと人気ですよね。

冷たいヨーグルトよりもダイエット効果や便秘解消効果があると言われていて、温めることで体を冷やすこともないので、冷え性の方にも人気があります。

また、朝よりも夜の方が効果があるというホットヨーグルトダイエット。

その効果や作り方、アレンジレシピなどをご紹介していきます。

ヨーグルト

ホットヨーグルトとは?

ホットヨーグルト、という名前からはいかにもアツアツのヨーグルト、というイメージですが、
実は人肌に温めたヨーグルトのことです。

ヨーグルトというと冷たいイメージがありますが、冷たいと内臓を冷やしてしまい代謝が落ちたり、お腹を下してしまう原因になりますが、温めることでそれらを解消することができます。

また、ヨーグルトは温めることで有効成分が吸収されやすくなり、腸が冷えないので乳酸菌の活動が妨げられないため、便秘解消効果もアップし、理にかなったダイエット法になります。

ホットヨーグルトで痩せる理由

乳酸菌で便秘解消

便秘解消

ホットヨーグルトだとお腹が冷えないので、乳酸菌が死なないで腸でもしっかり動くことができます。

そのため腸内環境を整えて、便秘を解消することができます。

便秘になると、老廃物が体に溜まり代謝が落ちて太りやすくなったり、便がお腹周りのリンパを圧迫して下半身を浮腫ませてしまいます。

浮腫みや老廃物はセルライトになってしまうので、どんどん下半身が太りやすくなってしまうんです。

そのため、ホットヨーグルトで便秘を解消し、腸内環境を整えることで下半身が痩せやすくなります。

腸が冷えないので代謝アップ

ストレッチ

ヨーグルトを温めて食べることで、腸も温まり代謝がアップします。

温めるといっても、アツアツにはしないのですえが、冷えたものを食べるよりは腸が温まります。

カルシウムの吸収率がアップ

カルシウムは、脂肪の合成が抑えられ分解が促進されると言われています。
また体内のカルシウム量が多いと、便として排出される脂肪の量が多いこともわかっています。

カルシウム=骨というイメージがありますが、実はダイエットにも関係があったんですね。

そんなカルシウムですが、ヨーグルトを温めることで吸収率がアップします。

とくにダイエット中は食事の量を減らしたりして、栄養素が不足しがちなので、カルシウムもしっかり摂ることでダイエットに役立ちます。

ホットヨーグルトの作り方

では気になる作り方をご紹介します。

とても簡単で、120gから150gの無糖のヨーグルトを電子レンジで人肌に温めます。
大体40秒くらい~1分程度でちょうどいいです。

63度をこえてしまうと乳酸菌が死んでしまうので、すぐに食べられるくらいの温度にしておきましょう。

食べるのは夜が効果的

食べるタイミングですが、夜がおすすめです。
なぜなら夜の22時〜2時は腸の動きが最も活発になります。

そのため、夕食後や夕食替わりに食べることで、最もカルシウムの吸収率がよくなったり、乳酸菌が活発になり便秘解消効果がアップします。

もちろん、朝やお昼に食べてもダイエット効果はありますが、1番おすすめなのは夜です。

夕食後に食べる場合は、夕食を少し少な目にしましょう。

さらに効果をアップさせるアレンジレシピ

ココアを入れる

cocoa2

ココアには、糖質の代謝には欠かせないビタミンB群や鉄分、食物繊維、ポリフェノールなどがたくさん入っています。

→ココアでダイエット!?ココアの驚くべき美容効果

ヨーグルトは温めることで酸味が減るので意外とマッチしますよ♪

はちみつを入れる

ハチミツ

はちみつには善玉菌のエサとなるオリゴ糖が豊富に含まれているので、より腸内環境を整える効果があります。

ヨーグルトには定番、という味なので、無糖のヨーグルトが苦手な方にはおすすめです。

ココナッツオイルを入れる

ココナッツオイル

ココナッツオイルには体についた体脂肪を燃やす効果があります。

セレブの間でも人気のココナッツオイルは、ココナッツオイルの甘い香りでヨーグルトが食べやすくなります。
油っぽさはなく、むしろまろやかになって美味しいので、ココナッツオイルもおすすめです。

入れる時は固形だと混ざりにくいので、少し温めてサラサラの状態にしてから混ぜ合わせましょう。

ショウガパウダーを入れる

生姜

ショウガには体を温める効果があるので、冷え性の方におすすめです。
ショウガだけだと食べにくい場合は、はちみつも入れましょう。

その他、血流をよくする効果のあるシナモンや、タンパク質や栄養素たっぷりな黄な粉、黒ゴマなどもおすすめですし、朝であればグラノーラにかけて食べるのもおすすめです。

オリーブオイルを入れる

オリーブオイル

オリーブオイルとヨーグルトは相性が微妙な感じに思えますが、意外とサッパリしていて食べやすいです。
オリーブオイルには血液をサラサラにして代謝をアップしたり、便を柔らかくする効果もあるので、ダイエットにも便秘解消にもおすすめです。
オリーブオイルは自然の下剤!便秘解消してダイエットする方法

きな粉を入れる

きなこ

きな粉には良質なタンパク質やビタミンが豊富に含まれているため、ダイエットだけでなく美容にもいいですし、きな粉に含まれている大豆イソフラボンは体内で女性ホルモンと同じような働きをします。女性ホルモンが増えることで、お肌のツヤがアップしたり、ホルモンバランスが整って痩せやすくなったりするのでおすすめです。

ダイエットサプリで1ヶ月で太ももが50cm→43㎝に!

浮腫みやすいデスクワークOLが
たった1ヶ月ダイエットサプリを飲むだけで、太ももにが50cmから43cm、体重が49キロから44キロに。
浮腫みとセルライトに効くダイエットサプリとは…

1ヶ月で5㌔痩せたダイエットサプリの詳細はこちら

このページの先頭へ