ダイエットサプリの種類1.脂肪燃焼タイプ

脂肪燃焼タイプ

ダイエットというと、脂肪を減らす!という方が多いと思いますが、脂肪燃焼タイプは直接この脂肪燃焼に働きかける成分を含んだサプリメントのことです。

脂肪を燃焼するには、脂肪を遊離脂肪酸として血液中に放出し、それをエネルギーとして使う必要があります。

脂肪燃焼

そのため、理想的なのは脂肪→遊離脂肪酸、遊離脂肪酸→エネルギー、の両方に働きかけるダイエットサプリです

脂肪→遊離脂肪酸にする効果のある成分

脂肪→遊離脂肪酸にする効果のある成分は、脂肪を燃えやすくし、エネルギーを作りやすくしてくれます。
運動前に摂ることで最も効果を発揮します。

L-カルニチン

ダイエット効果があるとして人気のあるL-カルニチンは、脂肪→遊離脂肪酸タイプのダイエット成分です。

L-カルニチンには、その他心臓を強くする効果があると言われています。
心臓が強くなることで、血液の流れがよくなり基礎代謝がアップします。
基礎代謝がアップすることで、エネルギー消費率が上がるので、遊離脂肪酸→エネルギーの効果も期待できます。

カプサイシン

カプサイシンも、脂肪を遊離脂肪酸に変えるタイプの成分です。
カプサイシンを多く含む唐辛子を食べると、発汗作用のため汗が出て、なんとなく脂肪が燃えているような気がしますよね。
ダイエットのために辛いものを積極的に食べている、という方も多いと思いますが、カプサイシンも摂るだけでは脂肪は燃焼されません。

カフェイン

コーヒーや紅茶、緑茶やウーロン茶など、様々な飲み物に含まれているカフェインも、脂肪を遊離脂肪酸に変えて燃えやすくする効果があります。
運動前にコーヒーを飲むと脂肪が燃えやすい、と言われているのはこのためです。

遊離脂肪酸→エネルギーにする効果のある成分

遊離脂肪酸→エネルギーにする効果のある成分は、血液中の遊離脂肪酸をエネルギーに変えて、体脂肪になるのを防ぎ、脂肪を燃焼する効果があります。

コーヒークロロゲン酸

コーヒークロロゲン酸には、筋肉や肝臓にいるミトコンドリアに働きかけ、脂肪の燃焼を促進させます。
ヘルシアのコーヒーにはこのコーヒークロロゲン酸が含まれているので、ダイエットに効果的なんですね。

α-リポ酸

α-リポ酸にもミトコンドリアの働きをサポートし、脂肪をエネルギーに変換する効果があります。

両方の成分を含んだダイエットサプリはこれ!

この両方の成分を配合したダイエットサプリは、『コレスリム』です。
コレスリム

どちらか一方の成分しか入っていないサプリメントが多い中、コレスリムは脂肪を遊離脂肪酸に変えるL-カルニチンと、遊離脂肪酸をエネルギーに変えて燃やすコーヒークロロゲン酸が配合されています。

そのため、運動が嫌いな方でも飲むだけで脂肪が燃えやすくなり、体脂肪がじっくり燃えてくれます。

コレスリムはその他、ギムネマという『糖質を分解し吸収させない』作用のある成分が配合されているので、甘いものや炭水化物が好きな方にもおすすめです

コーヒークロロゲン酸を配合しつつ、カフェインは入っていないので、妊婦さんでも安心して飲むことができます。

脂肪がつきやすくなった、体脂肪を減らしたい、という方はコレスリムでダイエットしましょう。

コレスリム公式サイト

ダイエットサプリで1ヶ月で太ももが50cm→43㎝に!

浮腫みやすいデスクワークOLが
たった1ヶ月ダイエットサプリを飲むだけで、太ももにが50cmから43cm、体重が49キロから44キロに。
浮腫みとセルライトに効くダイエットサプリとは…

1ヶ月で5㌔痩せたダイエットサプリの詳細はこちら

このページの先頭へ