カフェインでダイエット!副作用や摂取目安量は?

脂肪を燃焼したかったら、コーヒーを飲むといいと聞いたことはありませんか。

コーヒーに含まれるカフェインには脂肪の燃焼を促す効果があるので、コーヒーを飲むとダイエットになるということなんですね。

しかしカフェインは、カフェイン中毒だったり、摂取に少し注意が必要な栄養素です。

そこで、カフェインのダイエット効果や副作用、摂取目安量などご紹介したいと思います。

コーヒー

カフェインとは

カフェインはコーヒーや緑茶、紅茶、ウーロン茶、ココアやチョコレートにも含まれる栄養素で、神経を刺激する作用があります。

目を覚ます作用解熱作用鎮痛作用利尿作用などの作用があります。

その作用から風邪薬などの薬にも使われるほどで、刺激が強いので妊娠中の方や体質によっては摂取を控えたほうがいいほどです。

カフェインのダイエット効果

カフェインがダイエットにいいと言われるのは、脂肪の分解を促すリパーゼという酵素を活性化するからです。

リパーゼが活性化されることで、脂肪の燃焼をより早く行うことができ、ダイエット効果が期待できます。

また、カフェインには交感神経を優位にする作用がありますが、交感神経が優位になることで体が活発モードになるので、代謝がよくなり痩せやすくなるという効果もあります。

脂肪燃焼

その他カフェインの効果

利尿効果

浮腫み

カフェインの利尿作用によって、体の中にある余分な水分を排出しやすくなるので、浮腫みが解消されたりデトックス効果があります。

口臭予防

カフェインには口臭を予防する効果もあり、特に緑茶は口臭予防効果が高いので、口臭予防したい方は緑茶でカフェインを摂るのがおすすめです。

カフェインの副作用

カフェインは刺激が強い成分なので、副作用もあります。

まず、目を覚ます作用が強いので、夕方以降に摂取すると睡眠の質が下がったり、寝つきが悪くなることがあります

睡眠の質が悪くなると、成長ホルモンが分泌されにくく、代謝が落ちて太りやすくなってしまいます。

ダイエットサプリだけでなく、コーヒーやお茶でカフェインを摂取する時は夕方までにしておきましょう。

また、カフェインには中毒性があり、あまりたくさん摂取すると中毒になる可能性があります。

毎日何杯もコーヒーを飲んでいて、やめられない、という方や、コーヒーがないと眠気が覚めず体が怠いという方はカフェイン中毒の可能性があるので要注意です。

カフェインの利尿作用は、適量であれば浮腫みを解消する効果がありますが、摂りすぎると体が水分を溜め込もうとし、かえって浮腫みが悪化する可能性があります。

カフェインが下半身を太くする?コーヒーとダイエットの関係

そのため、浮腫みやすい方や、運動量が少なく夕方にはいつも浮腫んでいるという方は、カフェインではなく血行をよくして代謝を上げるタイプの成分がおすすめです

カフェインの摂取目安量

カフェインの摂取目安量は、だいたい1日に100mg〜300mgです。

体の大きい方でも400mg程度までがいいとされ、500mgを超えると分解できなくなる可能性があります。

カフェインの含有量ですが、ドリップコーヒーであれば150mlに180gのカフェインが含まれています。

缶コーヒーやコーヒー飲料などになるともう少し減りますが、マグカップなどでコーヒーを飲むのであれば、1日に1〜2杯、多くても3杯までにしておくのがいいんですね。

また、緑茶やほうじ茶、ウーロン茶、ジャスミン茶、ココア、紅茶などにもカフェインは含まれています。

そのため、コーヒーだけでなくお茶もよく飲むという方はカフェインの摂取量が多くなりがちなので気をつけましょう。

コーヒーの飲み方にも注意

コーヒー3

カフェインダイエットをしよう、ということでコーヒーをよく飲むようになった、という方は多いかと思いますが、コーヒーの飲み方にも注意が必要です。
コーヒーでカフェインをとる時は、ブラックで飲むのが必須です。

お砂糖や牛乳を入れるとかえってカロリーを余分に摂取してしまい、ダイエットどころか太ってしまいます。

また、コーヒーには体を冷やす作用もあるため、ホットで飲むのがおすすめです。
冷たいアイスコーヒーばかり飲んで、内臓の代謝が落ちると、便秘を引き起こしたり、基礎代謝が低下して太りやすくなったり、冷えや浮腫みなども招いてしまいます。

夏場などは冷たいものが飲みたくなりますが、ホットか、せめて常温にして飲みましょう。

カフェインダイエットが向いている人

カフェイン2

カフェインには脂肪の分解を促す作用がありますが、分解された脂肪を燃焼させる効果まではありません。代謝をよくする作用はありますが、それだけでは弱く、カフェインだけ摂っていても実はなかなか痩せないんです。

カフェインダイエットが向いている人は、普段からまめに体を動かしたり運動している人です。
カフェインで分解した脂肪を燃やすには、体を動かすことが一番です。

ジムでガツガツ運動する必要はありませんが、カフェインを摂った後にウォーキングやストレッチをしたり、いつもより体を動かしながら家事をすることで、ダイエット効果を実感しやすくなります。

逆に、カフェインだけ摂っていてそれ以外は何もしない、という方はカフェインダイエットはあまり向いていません。
そういう方は、カロリーカット系の成分や、むくみ解消系の成分のほうが向いています。

適度に体を動かしたい、運動も取り入れつつダイエットしたい、という方に合っている成分なんですね。

カフェインダイエットのクチコミ

もともとコーヒーが好きでしたが、ダイエットのために砂糖とミルクをやめてブラックにして、毎日2〜3杯飲むようにしたらじわじわ体重が減ってきました。長期的なダイエット向きかな?
コーヒーを飲むと食欲が落ち着くなーとは前から思ってましたが、ダイエットにもいいと聞いてこまめに飲むようにしたら間食が減りました。代謝もよくなった気がします。
コーヒーが苦手なので紅茶でカフェインを摂るようにしたら、1年で10kg体重が減りました。紅茶はストレス解消にもいいらしいので、仕事で疲れた時によく飲んでます。
コーヒーはブラックが飲めないので、カフェイン入ったサプリを3ヶ月ほど摂りました。カフェインの量が多いのか、寝つきが悪くなってしまって断念しました。体質に合う人がうらやましいです。
コーヒーを飲むと便秘が解消されるので、便秘気味になると飲んでます。
スッキリしてダイエットにもいいのかな?

ダイエットサプリで1ヶ月で太ももが50cm→43㎝に!

浮腫みやすいデスクワークOLが
たった1ヶ月ダイエットサプリを飲むだけで、太ももにが50cmから43cm、体重が49キロから44キロに。
浮腫みとセルライトに効くダイエットサプリとは…

1ヶ月で5㌔痩せたダイエットサプリの詳細はこちら

このページの先頭へ