ダイエットサプリの効果を高める方法、飲み方やタイミング

ダイエットサプリは他のダイエット方法に比べて手軽にできるので、忙しい方や食事制限をするのが難しい方にもぴったりのダイエット方法です。
ただ、飲むだけのダイエットサプリを使ったダイエット方法では、飲むタイミングや飲み方によって効果に差が出てしまうようです。

ダイエットサプリは医薬品ではないため、飲むタイミングや容量は表記できず、『お好きなタイミングで』や『適量を』などとしか書くことができません。
しかし、ダイエットサプリは種類によってその種類に合った飲むタイミングや飲み方があります。

そこで、ダイエットサプリの効果を高める方法、飲み方やタイミングについてご紹介していきたいと思います。

サプリ3

ダイエットサプリを飲むタイミング

ダイエットサプリは、種類によって飲むタイミングが変わってきます。

こちらの記事でダイエットサプリの選び方をご紹介しましたが、ダイエットサプリには大きく分けて4つのタイプがあります。

  • 糖質や脂質などをカットする、カロリーカットタイプ
  • 脂肪の燃焼を促す、燃焼系タイプ
  • 血行をよくして冷えや浮腫みを解消する、浮腫み解消タイプ
  • お通じをよくして代謝のいい体にする、便秘解消タイプ

このタイプによって飲むタイミングも少しずつ変わってくるので、それぞれご紹介します。

カロリーカットタイプは食前

ゆっくり

カロリーカットタイプは、食事をとる直前、または食事をし始めてからすぐがおすすめです。
成分によっては先に摂ることで、あとから摂る食事の糖質や脂質を吸着して外に出してくれるものがあるからです。

脂質を吸着するもの、糖質を吸着するもの、酵素を配合しているものは食事の前に摂るようにしましょう。

ただ、ビタミンやミネラルは食事中、または食後のほうが効果を発揮しやすいので、ビタミンやミネラルのサプリメントは食後がおすすめです。

燃焼系タイプは運動前

運動

燃焼系タイプは、基本的に運動前がおすすめです。
ほとんど運動をしないという方でも、例えば通勤前や家事をする前など少しでも立ったり歩いたりする前に飲むと、より脂肪が燃焼されやすくなります。

特に午前中に飲んで代謝を上げておくと、1日中代謝が上がって痩せやすくなるので運動をする予定がない時は午前中に飲んでおきましょう。

カプサイシンなど刺激が強めの成分が入っている場合は、胃の粘膜を傷付けてしまうこともあるので、胃の中に何か入っている時の方がおすすめです。

朝食を食べた後、家事をする前や出勤前などがいいですね。

むくみ解消タイプは夜

mukumi

むくみ解消タイプは、夕方や夜のむことで、その日の浮腫みを解消しやすくする効果があります。
デスクワークの方は、夕方足が浮腫んできたな、と思ったタイミングや夜に飲むようにしましょう。

便秘解消タイプはいつでも

manpuku

便秘解消タイプは特にいつ、ということはありませんが、食物繊維がたっぷり入っているものは食前に飲むことで胃の中で膨らみ、食事量を抑えることにつながるので食事の前がおすすめです。

乳酸菌やオリゴ糖、腸を刺激する成分が入っているものは、寝ている間に活発になる腸のリズムに合わせて、夜寝る前や夕食後に飲むことで朝お通じがくることが多いようです。

ダイエットサプリを飲むときはミネラルウォーターで

contrex

ダイエットサプリを飲むときは、極力ミネラルウォーターやお水がおすすめです。
コーヒーやお茶など、カフェインやタンニンが入っている飲み物だと効果が半減してしまうことがあるからです。

特にお茶は、何気なしに飲んでいるかもしれませんが、緑茶、ウーロン茶、ほうじ茶など馴染みのあるお茶にはカフェインが入っているのでおすすめできません。

また、お水で飲むときも、キンキンに冷えたお水で飲んでしまうと内臓を冷やしてしまい、代謝を落としてしまうので、常温か寒い時期であればぬるま湯くらいの温度で飲みましょう。

特に夜や寝る前に飲むのであれば、温かい方が内臓の動きを活発にしたり血行をよくする作用があるので、温かいものがおすすめです。

ダイエットサプリの効果を実感するまで

ダイエットサプリはお薬のように、飲んですぐに効果が実感できるものではありません。
例えばカロリーカットタイプは、脂肪1kgを落とすのには7200kcalをカットしていく必要があります。

そうすると、どうしても月に1~2㎏落ちるペースが普通ですし、あまり極端に摂取カロリーを落としてしまうのも、リバウンドの危険があります。

便秘解消タイプやむくみ解消タイプであれば、溜まっていた便や水分が出ると、すぐに2~3㎏落ちますが、それは脂肪が落ちたのとは違うので、そこから脂肪が燃焼しやすい体にしていき、体重が落ちるのはもう少し時間がかかります。

また、体重はあまり変化がなくても、体脂肪がジワジワ減っていた、ということもあるので、2~3週間や1ヵ月程度ではびっくりするほどは痩せないことがほとんどです。

少なくても3ヶ月、しっかりダイエットをしていくのであれば半年続けて長い目で様子を見てみましょう。

目的別ダイエットサプリの効果アップ方法

ダイエットサプリには大きく分けて4つ種類があるとご紹介しましたが、せっかく飲むのであれば効果をアップさせたいですよね。
そこで、それぞれのダイエットサプリを飲みつつさらにダイエット効果をアップする方法をご紹介したいと思います。

カロリーカットタイプは軽い筋トレを取り入れる

カロリーカットタイプのダイエットサプリは、摂取カロリーを減らしてダイエットをサポートしてくれますが、摂取カロリーが減ると体は少しずつ省エネ体質にしようと消費カロリーを減らしていきます
消費カロリーを増やすには軽い筋トレをして筋肉をつけておくのがおすすめです。

大きい筋肉の腹筋や太ももの筋肉を鍛えると特に消費カロリーがアップしますし、下半身ダイエットやポッコリお腹の解消にも効果があります。
脚痩せしたい方は太ももの後ろと内側を鍛えることでスムーズに痩せられるので、おすすめです。

脂肪分解&燃焼タイプは運動を取り入れる

脂肪を分解したり燃焼するタイプのダイエットサプリは、運動を組み合わせることでより効果がアップします。
特に、脂肪を分解する成分がメインのダイエットサプリは、分解するだけでそれをエネルギーとして使わないとまた体脂肪に戻ってしまいます

運動と言ってもガッツリジムで運動するのはハードルが高い、という方も多いですよね。

方は軽いウォーキングや、掃除をするときに体を動かしたりするだけでも変わります。
は掃除機だけのところを雑巾掛けしてみたり、窓拭きしてみたり、意外と体を動かしてカロリー消費できるので、忙しい方はちょっとしたことから取り入れてみましょう。

便秘解消タイプは水分をしっかり

便秘解消タイプのダイエットサプリには、乳酸菌などの腸内の善玉菌を増やすものと、食物繊維で腸の動きを活発にするものと、腸を直接刺激するものがありますが、いずれも水分をしっかり摂っておくことが大切です。
水分が足りないと、いくら腸を動かしても便が硬くなって詰まりやすくなってしまうので、水分はしっかり摂りましょう。

また、腸を刺激する腸もみマッサージなども一緒に取り入れることで便秘解消されやすくなります。
温かい白湯やハーブティーを飲んでマッサージして、便秘解消しましょう。

浮腫み解消タイプは食生活を見直そう

浮腫みが起きる原因というのは色々ありますが、中でも食生活はかなり大切です。

塩分の摂りすぎが浮腫みになるというのはよく知られていますが、それ以外にもカフェインの摂りすぎ、糖分の摂りすぎ、アルコールの飲みすぎも浮腫みを引き起こしてしまいます。
仕事中何杯もコーヒーを飲む、お茶は緑茶やウーロン茶、ほうじ茶などが多い、エナジードリンクをよく飲むという方はカフェインの摂りすぎが浮腫みを引き起こしているかもしれません。

また、菓子パンやおにぎり、麺類などに偏った食事になりやすい方や、甘いものが好きな方は糖分の摂りすぎ、お酒をよく飲む方はアルコールの摂りすぎが浮腫みを引き起こしているかもしれません。

浮腫み解消サプリの多くは冷えからくる浮腫み塩分の摂りすぎによる浮腫みを解消する成分が多く、カフェイン、糖分、アルコールの摂りすぎからくる浮腫みを解消する成分はほとんどはいっていません。
そのため、浮腫みの原因がそこにある場合は浮腫み解消効果がなかなか得られないということになってしまいます。

せっかく浮腫み解消サプリを飲むのであれば、コーヒーの量やおやつの量、アルコールの量もしっかり見直してみましょう。

ダイエットサプリで1ヶ月で太ももが50cm→43㎝に!

浮腫みやすいデスクワークOLが
たった1ヶ月ダイエットサプリを飲むだけで、太ももにが50cmから43cm、体重が49キロから44キロに。
浮腫みとセルライトに効くダイエットサプリとは…

1ヶ月で5㌔痩せたダイエットサプリの詳細はこちら

このページの先頭へ