ジャンクフードが食べたいのは脳のせい?

ダイエット中なのに、なぜかハンバーガーやラーメン、
ポテチやスナック菓子が食べたくなる…

野菜を食べた方がいいのは分かっているのに
フライドポテトが恋しい…

私はなんて意思が弱いんだろう…!

と自分を責めるのはちょっと待って下さい。

実はカナダのマギル大学の研究によれば、
人は何かを食べようと思った時、よりカロリーの高いものを選ぶ傾向がある
ということが分かったんだそうです。

それも、どれがカロリーが一番高いか、などは
表示されていなくても脳は分かってしまうんだとか…!

いつ食事が出来るか分からなかった時代、
栄養価の高い野菜ではなく、すこしでもエネルギーを蓄えられる
カロリーの高いものを脳が選んでいたと考えれば納得ですが、
この飽食の時代にもまだ「チャンスさえあればカロリーの高いものを食ってやるぜ!
というのはちょっと困りもの。

食事制限によるダイエットが難しいのは、
どうもこの脳の仕組みが原因のようですね。

そこで、少しでもジャンクフードを食べないで済むための
誘惑に打ち勝つ方法をご紹介します。

ジャンクフードの誘惑に打ち勝つ方法

方法1.空腹で食べ物を選ばない
この脳のプログラムは、空腹のときこそ優位に働いてしまいます。
お腹が空いている時ほど、より高カロリーなものを蓄えようとしますからね。
ヘルシーな食事を心がけたいなら、空腹な状態で食事を選ばず、
野菜ジュースや温かいお茶など飲んで、空腹を落ち着かせてから食事を選びましょう

方法2.とりあえずヘルシーなものを食べて、それでも食べたかったら考える
方法1と似ていますが、空腹な状態では判断力が低下しがちです。
とりあえずサラダやスープなどヘルシーなものを食べて、
それでも本当にジャンクフードが食べたいか考えると
かなり食べたい欲求が低下しているので大体の場合は食べずにすみます。

方法3.睡眠をしっかり摂る
最新の研究では、睡眠不足になるとジャンクフードへの欲求が高まることが分かりました。
というのも、睡眠不足になると、
脳の判断能力が低下します。
そうすると、栄養のあるものよりも、本来の「カロリーの高いものを食べなきゃ!」
という意思が勝ってしまい、
ついついジャンクフードを食べてしまうんだとか。
最近どうもジャンキーなものが食べたくなるな、と思ったら
まずは睡眠不足を疑ってみましょう。

ダイエットサプリで1ヶ月で太ももが50cm→43㎝に!

浮腫みやすいデスクワークOLが
たった1ヶ月ダイエットサプリを飲むだけで、太ももにが50cmから43cm、体重が49キロから44キロに。
浮腫みとセルライトに効くダイエットサプリとは…

1ヶ月で5㌔痩せたダイエットサプリの詳細はこちら

このページの先頭へ