ダイエットに効くサラダのルール

ダイエットといえばたっぷり野菜のサラダ!
と、せっせとサラダを食べている方も多いかと思いますが、
きちんとルールを守らないと、ダイエット効果が半減!
なんてこともあるんです。

そこで、ダイエットに効くサラダのルールをご紹介します。

1.タンパク質も入れる

ダイエット中に野菜ばかりを摂るのは、
ビタミンやミネラルはしっかり摂れますが、
タンパク質が不足しがちです。

タンパク質は筋肉だけでなく、皮膚ホルモンの原料にもなっています。

タンパク質が不足すると、筋肉が落ちるだけでなく
肌がガサガサしてきたり、髪の毛がバサバサになったり、
ホルモンバランスが乱れて暴飲暴食の元となったりします。

サラダを食べるときは、ゆで卵やお豆腐、エビやサーモンなどの魚介類を足して、
タンパク質もしっかり補給しましょう。

2.良質な脂質も摂る

ダイエット中は脂は厳禁!という方もいますが
良質な脂はむしろ体についた悪い脂を一緒に流してくれたり
血液をサラサラにしてくれる効果があります。
市販のドレッシングやマヨネーズには悪い脂が使われているので、
ココナッツオイルや亜麻仁油など良質なオイルでドレッシングを手作りするのも
おすすめです。
また、クルミやナッツなどをかけて、ナッツから良質なオイルを摂ることもオススメです。

3.野菜はいろんな種類を使う

サラダといえばレタスやキュウリ、トマトがメインですが、
いつも同じ野菜だけではなく、いろんな野菜を食べることで
栄養バランスが格段によくなります
パプリカやピーマン、大根や人参、カボチャやサツマイモ、
キノコをさっとソテーしたもの、海藻、豆類など
色々な野菜をいれてバランスよくサラダを食べましょう。

4.糖質も少し

サラダ以外におかずやご飯を食べる時は問題ないですが、
たっぷりのサラダだけで食事を済ませてしまう場合、
糖質も少し入れましょう。
カボチャやジャガイモなどでもいいですし、
マカロニを少し足すのも、味が変わっておすすめです。

5.温かい飲み物と一緒に

サラダは生野菜がメインで、冷やして食べることが多いので、
どうしても体を冷やしてしまいがちです。
サラダをたくさん食べるときは、できるだけ温かいスープやお味噌汁と一緒に食べましょう。

ダイエットサプリで1ヶ月で太ももが50cm→43㎝に!

浮腫みやすいデスクワークOLが
たった1ヶ月ダイエットサプリを飲むだけで、太ももにが50cmから43cm、体重が49キロから44キロに。
浮腫みとセルライトに効くダイエットサプリとは…

1ヶ月で5㌔痩せたダイエットサプリの詳細はこちら

このページの先頭へ