太りにくい揚げ物の食べ方とは

天ぷら、とんかつ、唐揚げ、、、
ダイエット中でも揚げ物って食べたくなりますよね。

ダイエット中だから食べちゃダメ…
と頑張っている方もいらっしゃるかと思いますが
あまり無理して我慢するのもカラダにとってはよくありません。

そこで、ダイエット中でも太りにくい揚げ物の食べ方をご紹介します。

ダイエット中でも太りにくい揚げ物の食べ方

食物繊維を一緒に摂る

食べ方その1は、食物繊維を一緒に摂ることです。

食物繊維には脂の吸収を抑える効果があります。
とんかつであれば一緒についているキャベツの千切り、
他にも野菜やきのこ類がたくさん入ったお味噌汁、サラダなんかも効果的です。
もやしやワカメなどの海藻類にも食物繊維がたくさん含まれているので、
積極的に摂取しましょう。

酵素を一緒に摂る

食べ方その2は、酵素を一緒に摂ることです。

揚げ物に一緒についているレモンや大根おろしには、
酵素がたくさん含まれています。

酵素には脂肪の吸収を緩やかにしてくれる効果があり
さらに、酵素の働きで代謝もよくしてくれるので
太りにくくなります。

レモンが苦手な方は、お漬物なんかにも酵素がたくさん含まれているので
定食なら付け合せのお漬物、単品で食べる時はお漬物も一緒に頼むといいでしょう。

揚げたてを食べる

食べ方その3は、なるべく揚げたてを食べることです。

油は時間が経つとともに酸化していきます。
酸化した油は血液をドロドロにし、代謝を落としてしまいます。

また酸化した油は、消化するのにより多くの酵素を必要とするので、
消化に酵素を使われて代謝酵素がたりなくなり、
これも代謝を落とす原因となってしまいます。

揚げ物を食べたい!と思った時は
出来合いのものではなく、できるだけ揚げたてが食べられるお店か、
家で手作りするのがおすすめです。

炭水化物は控える

食べ方その3は、炭水化物は控えることです。

こちらの記事にも書きましたが、糖質と脂質を一緒に食べると
太りやすくなってしまいます。
糖質と脂質の組み合わせはかけ算で太る

揚げ物を食べる時は、天丼やカツ丼などのご飯たっぷりの丼モノは避けて、
ご飯を少なめにしましょう。

ダイエットサプリで1ヶ月で太ももが50cm→43㎝に!

浮腫みやすいデスクワークOLが
たった1ヶ月ダイエットサプリを飲むだけで、太ももにが50cmから43cm、体重が49キロから44キロに。
浮腫みとセルライトに効くダイエットサプリとは…

1ヶ月で5㌔痩せたダイエットサプリの詳細はこちら

このページの先頭へ