電気を付けたまま寝ると2倍も太りやすく!

真っ暗が苦手でいつも豆電球を付けて寝る、
いつも電気をつけっぱなしのまま、いつの間にか寝ている、
という人もいますよね。

しかしちょっとした電気の明かりでさえ、
健康やダイエット上良くないことが研究で明らかになりました。

今日はその悪影響についてご紹介します。

電気を付けたまま寝るのがよくない理由

電気をつけたまま寝ると、たとえ豆電球の明かりでも、
まぶたを閉じたとしても脳に光が届いてしまいます。

その影響で、睡眠に関わっているメラトニンというホルモンの分泌量が低下
睡眠の質が低下してしまうのです。

その低下量はなんと、電気を消して寝る人に比べ
電気を付けて寝る人は1/5程度まで減少してしまうのです。

メラトニンは本来強い光を浴びると減少し、
夜暗くなってくると増え、私達を快適な眠りへと導いてくれます。

そのため、本来暗いはずの夜に光を浴びてしまうと
メラトニンのホルモンバランスが崩れ、様々な影響がでてしまうのです。

影響1.不眠症になる

睡眠障害のある人は、眠る前にメラトニンの量が十分でないと言われています。
昼間にしっかりと光を浴びて、夜は暗くすることで、
メラトニンのホルモンリズムが整い、不眠症は改善されます。

影響2.肥満になる可能性が2倍になる

明るい部屋で眠っている女性と、暗い部屋で眠っている女性の肥満について調べたところ、
明るい部屋で眠っている女性のほうが、BMI値(肥満度をあらわす値)が高く
ウエストのサイズも大きいことが研究でわかりました。

この理由としては、目から光が入ることでメラトニンの量が減る
→熟睡できない→成長ホルモンが出にくい→新陳代謝が悪くなる
中性脂肪が分解されない→太る…
という現象が起きているからです。

豆電球をつけているだけで2倍も太りやすいなんて驚きですよね。。。

どうしても真っ暗がコワイ方は

それでも真っ暗で寝るのはコワイ、という方は
無理して真っ暗にして眠れなくなっては逆効果です。

そんな方は、豆電球ではなく、電気は消して足元にライトを起くことで
直接目に光が入るのを防げるので足元のライトをオススメします。

質のいい睡眠で、太りにくい習慣を身につけましょう。

ダイエットサプリで1ヶ月で太ももが50cm→43㎝に!

浮腫みやすいデスクワークOLが
たった1ヶ月ダイエットサプリを飲むだけで、太ももにが50cmから43cm、体重が49キロから44キロに。
浮腫みとセルライトに効くダイエットサプリとは…

1ヶ月で5㌔痩せたダイエットサプリの詳細はこちら

このページの先頭へ