ご飯を冷やしてダイエット&便秘解消!?話題のレジスタントスターチとは

炭水化物ダイエットや糖質制限ダイエットが流行る中、お米などの糖質が多い炭水化物ははあまり食べない方がいい、という風潮がありますよね。

確かに糖質の摂りすぎはダイエットの妨げになるだけでなく、糖尿病や生活習慣病などの病気を引き起こす可能性もあるため、あまりたくさん食べるのはよくありません。

しかし日本人ならある程度お米は食べたいですし、炭水化物を極端に抜くことでストレスが溜まり余、リバウンドしてしまった…という話もよく聞きます。

そんな炭水化物好きの方に朗報です。

実は炭水化物は冷やして食べることでダイエット効果があることが分かったんです。

米

炭水化物を冷やすと痩せる理由

お米やパスタには糖質(でんぷん)が含まれていますが、このでんぷんは冷やすことでレジスタントスターチ難消化性でんぷん)というものに変わります。
レジスタントスターチは、消化することが難しいため、体に吸収されにくいという特徴があります。

吸収されにくいということは、血糖値を上げにくい効果が期待できます。
つまり、炭水化物を食べていながら、あまり血糖値を上げず、低炭水化物ダイエットのような効果が期待できるんです。

さらに、消化できないということは、食物繊維のような効果があります。
レジスタントスターチは水溶性の食物繊維と不溶性の食物繊維の両方の効果を持つことが分かっているので、
便を柔らかくしてお通じをよくしたい方にも、便のカサを増して腸を刺激して便秘を解消したい方にも効果的です。

食物繊維には、余分な脂肪や糖質を吸収して体外に排出する効果もあるので、コッテリしたおかずを食べる時にもぴったりなんです。

炭水化物を冷やしてみよう

炭水化物はなんでもかんでもとりあえず冷やせばいい、というわけではないようで、
一度温めたものを冷蔵庫などでしっかり冷やすことでレジスタントスターチが発生しやすくなるようです。

急速冷凍などは効果があまりないとのこと。

さらに、一度冷蔵庫でしっかり冷やしてしまえば、多少常温まで戻ってしまってもレジスタントスターチの量はあまり変わらないので、
冷たくなったたお米に抵抗がある方は少しテーブルなどに置いておいて、常温に戻してから食べるといいですね。

レジスタントスターチが効率的に摂れる食材

ジャガイモ

ジャガイモ

ジャガイモにはもともと、ご飯の1.5倍のレジスタントスターチが含まれています。
冷やすことによってそれが倍以上に増えるので、冷えたマッシュポテトや、ビシソワーズなどおすすめです。

あんこ

あんこ
あんこなんてダイエット中はご法度!という感じですが、小豆にはもともとレジスタントスターチがかなりたくさん含まれているので、
どうしても甘いものが食べたくなったら、冷やした羊羹やあんこ、ぜんざいなどがおすすめなんです。

タイ米

タイ米
同じお米でも品種によってレジスタントスターチの含有量は変わってきます。
中でもタイ米はレジスタントスターチの量が多いので、食べるならタイ米がおすすめです。

いわゆる甘みがあってモッチリしたお米にはレジスタントスターチが少なく、パサパサしているお米のほうが多いです。

まとめ

今回ご紹介したのは、冷やせば炭水化物をいくらでも食べていいダイエット、というわけではありません。
レジスタントスターチの量は増えますが、カロリーや糖質は食べれば食べるほど摂りすぎてしまいます。

ただ、躍起になって糖質を排除したり、炭水化物は全部だめ!というダイエットをしなくても、
上手に炭水化物と付き合うことで、ダイエット効果が得られるということですね。

お米やパスタ、うどんなど、ちょっと控えたいところだけど食べたいな、という時や
お友達とご飯を食べる時には使える技なので、ぜひうまく活用してみてください。

ダイエットサプリで1ヶ月で太ももが50cm→43㎝に!

浮腫みやすいデスクワークOLが
たった1ヶ月ダイエットサプリを飲むだけで、太ももにが50cmから43cm、体重が49キロから44キロに。
浮腫みとセルライトに効くダイエットサプリとは…

1ヶ月で5㌔痩せたダイエットサプリの詳細はこちら

このページの先頭へ