体脂肪率はあまり気にしなくていい!すぐに変動する体脂肪率

ダイエットをしている方は、どのくらい痩せたかの目安として、
体重と体脂肪率をこまめに計っている方がほとんどかと思います。

しかし、朝と夜で3%も体脂肪率が変わった!すごく頑張っているのに体脂肪率が全然変わらない…といったことはありませんか。

たしかに長期的な目でみると減ってはいても、いきなり増えたりすると、
やっぱりモチベーションが下がってしまいますよね。

この体脂肪率がコロコロ変わるのにはちゃんとした理由があったんです。

体重計

体脂肪率はどうやって計っている?

体脂肪率は、体に微弱な電流を流すことで計っています。

手で持ったり、体脂肪が図れる体重計は乗るところが金属だったりしますよね。
あの金属から電流が流れます。

脂肪というのは水分が少なく電気を通しにくいのですが、逆に筋肉は水分が多く電気を通しやすいんです。
そこで、電気抵抗が多いと脂肪多め、電気抵抗が少ないと筋肉多めと判断しています。

しかしこの方法には問題があり、身長と体重と電気抵抗、あとは統計データに基づいて
「んーこの身長でこの体重、この電気抵抗なら体脂肪率はこのくらいかな!」と出しているだけなので信頼度はけっこう低目なんです。

またこのさじ加減もメーカーによって変わるので、朝計った時は少なかったのに、身体測定で計ったら増えていた!というようなことが起こります。

また、この統計データ以外にも体脂肪率を変動させる原因があります。

電気抵抗はこんなことで変わる

体に電気を流して電気抵抗を計る時も、下記のことに影響を受けてかなり変動します。

  • 足の裏や手のひらが汚れている
  • 浮腫んでいる
  • トイレやお風呂のあと
  • 両膝が触れている
  • 姿勢
  • 食後2時間以内
  • 運動後
  • 水分をとった後

特に運動前と運動後で計ったり、少しでも少ない数値を見たいとお風呂後やトイレ後に計る方もいますが、実際に減っていても脂肪が減ったわけではなく、電気抵抗が変わっただけ、ということはよくあります。

体脂肪率はあまり気にしないで目安程度に!

このような理由から、体脂肪率はその時その時でかなり変動します。

毎朝トイレ後、と条件を決めていても、その日の浮腫みや汗をかいた量などで変動します。

確かに体重も体脂肪率も計らないでダイエットをしても、なかなか見た目では変化がなくモチベーションが上がらないので、数字で見ることのメリットもあります。

ただ、ちょっとした変動を気にして、「あーやっぱり昨日食べたラーメンがダメだったんだ!もうダイエットなんていやだー!」と、気持ちが揺れる方はあまり気にしない方が気軽にダイエットができます。

ひとつの目安にはなりますが、体脂肪率に振り回されないようにしたいですね。

ダイエットサプリで1ヶ月で太ももが50cm→43㎝に!

浮腫みやすいデスクワークOLが
たった1ヶ月ダイエットサプリを飲むだけで、太ももにが50cmから43cm、体重が49キロから44キロに。
浮腫みとセルライトに効くダイエットサプリとは…

1ヶ月で5㌔痩せたダイエットサプリの詳細はこちら

このページの先頭へ