全裸で寝ると冷え性&浮腫み改善!?全裸で寝ることのメリットとデメリット

つら~い冷え性やしつこい浮腫み、なんとか治したいとたくさん着込んで体を温めて寝ていませんか。

靴下を重ね履きしたり、腹巻や毛糸のパンツを履いたり、着圧ソックスを履いてみたり…

しかし以外にも、全裸で寝ると冷え性や浮腫みが改善する、という説もあるんです。

全裸で寝るなんて余計に冷えを招いて浮腫みも誘発してしまいそうですが、どういうことなんでしょうか。

そこで、全裸で寝ると冷えや浮腫みがとれる理由や、逆に全裸で寝るデメリットなどをまとめてみました。

全裸で寝ると冷えと浮腫みがとれる理由

下着や寝間着の締め付けがない

全裸で寝ると下着や寝間着の締め付けがないので、血流やリンパの流れよくなり、冷えや浮腫みが解消されます
下着や寝間着のゴムは、思っている以上に体を締め付けてしまいます。

起きている時は筋肉を動かすので多少の締め付けがあってもリンパも流れますが、寝ている時は筋肉も動かさないので少しでも締め付けがあるとリンパの流れが悪くなってしまいます。

皮膚呼吸や発汗作用が活発に

裸で寝るとお肌が空気に触れるので、皮膚呼吸や発汗作用が活発になり、新陳代謝が活発になります

新陳代謝が活発になることで、体が温まり熱が作られるので、冷え性や浮腫みにも効果があります。

また、お肌の代謝が活発になるので美肌効果もあります。

体の発熱作用が高まる

裸で寝ると体の発熱作用が高まると言われています。

布団の中に入るとあったかいのは、布団があったかいからでなく、体の熱を布団が保温してくれるからなんです。
そのため、裸で寝ることで体が空気と触れるので、代謝がよくなり発熱作用が高まります

全裸で寝ることのデメリット

ちょっと全裸で寝るのいいかも!と思うかもしれませんが、デメリットもあります。

寝具の取り換えが面倒

全裸で寝ると、今までは寝間着が吸ってくれていた汗を布団やベッドカバーが吸うことになります。
そのため、こまめに寝具を洗濯する必要があり、手間が増えてしまいます。

布団から出ると寒い

夜中に目が覚めてお手洗いに行くときなど、冬は寒い思いをすることになります。

また、家族と住んでいる方は一度服を着たりする手間もあります。

緊急時に困る

めったにないですが、寝ている時に地震が来たり火事になったりすると対応が遅れてしまいます。

夏は暑すぎる

体が温まるゆえ、真夏は暑すぎるというデメリットもあります。
そんな時は汗をしっかり吸収する肌着を着たほうが寝心地もいいのでおすすめです。

まとめ

裸で寝ることは、確かに冷えを解消したり浮腫みを解消する効果があるので、
しつこい冷えや浮腫みに悩んでいる方にはおすすめです

今日からでも手軽にできる方法なので、お試しで1日やってみるのもいいですよね。

ただ、寝具の取り換えが面倒で、汚れたシーツや布団を使い肌荒れなどに発展しそうな方や、家族と住んでいて色々と面倒、という方はちょっと取り入れるのは難しいかもしれません。

ダイエットサプリで1ヶ月で太ももが50cm→43㎝に!

浮腫みやすいデスクワークOLが
たった1ヶ月ダイエットサプリを飲むだけで、太ももにが50cmから43cm、体重が49キロから44キロに。
浮腫みとセルライトに効くダイエットサプリとは…

1ヶ月で5㌔痩せたダイエットサプリの詳細はこちら

このページの先頭へ