シナモンで血行促進して下半身ダイエット!おすすめの飲み方は?

シナモンシナモンロールやチャイ、アップルパイなど、シナモンが入ったスイーツや飲み物は美味しいですよね。
そんなシナモンに、実はダイエット効果があるんです。

シナモンはダイエット効果だけでなく美容効果も高く、シワの改善や目の下のクマの改善にも役立ちます。

そんな身近だけど意外と知られていない、シナモンの効果についてご紹介したいと思います。

シナモンのダイエット効果

シナモンには毛細血管を広げて血行をよくする効果があります。
血行がよくなるということは代謝がアップして脂肪が燃えやすくなるだけでなく、浮腫みの改善にも繋がります。

マッサージ

特に下半身は浮腫みを放置していると、排出されなかった老廃物と脂肪がくっついてセルライトになってしまいます。
1度セルライトになってしまうとなかなか脂肪が燃えず痩せにくくなってしまいますし、脂肪が燃えないということは熱が作られないので、下半身の冷えを招き、さらに浮腫みやすくなるという悪循環に陥ってしまいます。

シナモンは毛細血管を広げてくれるので、手足や足先が冷えやすい方にもとてもオススメです。

また、シナモンには血糖値の上昇を抑える効果があります。
血糖値が上がるとインスリンというホルモンが分泌され、血液中の糖分を中性脂肪に変えて血糖値を下げます。

そして作られた中性脂肪がお腹や下半身について、脂肪として蓄えられます。
シナモンを摂ることで、この血糖値の上昇を抑えることができるので、作られる中性脂肪の量も少なくなり、体に脂肪がつきにくくなります。

さらにシナモンには脂肪細胞を小さくする効果があるので、体についてしまった脂肪を減少させる効果もあります。

シナモンのその他嬉しい美容効果

シナモンには毛細血管を広げて血行をよくする効果があると言いましたが、血行がよくなるということは、お肌に必要な栄養素や酸素が行き渡りやすくなるので、お肌の代謝を上げる効果もあります。

美肌

特に毛細血管が集中している目の周りは、血行がよくなることでクマが改善されたり、栄養がきちんと届くことでシワの改善にも繋がります。

お肌の代謝が上がることで、シミやニキビ跡の改善効果もありますし、クスミをとって透明感のあるお肌へと導いてくれます。

シナモンには他に、女性ホルモンと似たような働きをする作用があるため、ホルモンバランスが崩れやすかったり、生理前の肌荒れや便秘、食欲増加に悩んでいる女性にもオススメなんです。

シナモンの選び方

シナモンには大きく分けて2種類あります。
セイロンシナモンと、カシアシナモンです。

2つの大きな違いはクマリンという成分の含有量です。

クマリンは摂りすぎると肝障害を起こしてしまう成分で、カシアシナモンはセイロンシナモンに比べてかなり多くのクマリンが含まれています。
中国産カシアで40倍、ベトナム産カシアになると380杯ものクマリンが含まれているので、たまに食べる程度であれば問題ありませんが、毎日少しずつ摂ってダイエットや美容に活かしたい方は、セイロンがオススメです。

シナモンの摂る量

シナモンは、1日に1〜2gでも充分効果が得られます。
あまり摂りすぎは肝臓に良くないので、いつもの飲み物に入れたり、パンやスイーツにふりかける程度で充分摂取できます。

シナモンの血糖値の上昇を抑える効果を得るためには、食後か食事中に摂るのがオススメです。
カレーなどのスパイス料理に入れてもいいですし、食後にチャイなどシナモンが入った紅茶を飲むのもいいですね。

シナモンの風味が苦手な方は、オブラートに包んで水と一緒に飲むと飲みやすくなります。
とても簡単なので、冷えや浮腫み、セルライトに悩んでいる方はぜひ試してみて下さいね。

シナモンを使ったおすすめレシピ

アップルシナモンウォーター

アップルシナモン

  • りんご2個
  • シナモンスティック2本
  • 水2リットル

りんごを薄くスライスして、ピッチャーなどに入れます。
りんごは皮にも栄養がしっかり詰まっているので、表面をしっかり水で洗って皮ごと使いましょう。
りんごの上にシナモンスティックを入れ、水を入れて冷蔵庫に入れます。
6時間ほどしたら出来上がりです。
りんごのビタミンや食物繊維が溶け出し、栄養たっぷりのドリンクが出来上がります。
出来上がったら24時間以内に飲みきったほうがいいので、一人暮らしの方は半量で作るのがおすすめです。
りんごの香りとシナモンの香りでとても飲みやすいデトックスウォーターになります。

シナモン生姜ココア

ココア

  • シナモンパウダー適量
  • 生姜パウダー適量
  • 豆乳コップ1杯
  • 純ココアスプーン1杯
  • ハチミツスプーン1杯

純ココアとハチミツをマグカップに入れて混ぜます。
少しずつ豆乳を入れて混ぜていき、しっかり混ざったらレンジで1分半ほどチンします。
そこにシナモンパウダーと生姜パウダーを混ぜれば、体温まるスパイシーココアの出来上がりです。
純ココアがない方は調整ココアにしてハチミツをなくしても大丈夫ですが、純ココア+ハチミツのほうが栄養価が高く添加物なども少ないのでおすすめです。
ココアには冷えを解消する作用もありますし、豆乳には便秘解消効果があるので、女性には嬉しい効果がたくさんあります。

シナモンバナナスムージー

スムージー5

  • バナナ半分
  • 豆乳1カップ
  • ハチミツスプーン1杯
  • シナモン適量

材料を全てミキサーに入れて混ぜるだけの簡単スムージーレシピです。
バナナを増やして氷をプラスすると冷たいスムージーができますが、シナモンで体を温めるのに冷たいスムージーはあまりおすすめできません。
お腹を冷やさないように、できれば常温がおすすめです。

シナモンチャイ

チャイ

  • 水150ml
  • 牛乳150ml
  • 茶葉10g
  • シナモンパウダー適量
  • 生姜パウダー適量

水を小さめのホーロー鍋で沸騰させ、沸騰したら茶葉を入れて1〜2分煮立たせます。
お茶がしっかり出たら牛乳を入れ、さらに沸騰するまで温め、シナモンパウダーと生姜パウダーを入れます。
沸騰したら弱火にして混ぜ、色が濃い茶色になったら火を止め、茶葉をこしながらカップに入れて出来上がりです。お好みで砂糖やハチミツを入れます。

シンプルに、好きな紅茶にシナモンパウダーや生姜パウダーを入れるのも手間がかからずいいですが、シナモンの独特の渋みが苦手な方はチャイにしたほうが飲みやすいです。

面倒な方は、チャイが作れるティーバッグタイプの茶葉も売ってます。
それだとシナモンパウダーや生姜パウダーを揃える必要がないので、簡単に作れます。

そのほかには、トーストにかけたりクッキーに混ぜる方法もあります。
シナモンパウダーを持ち歩いてもいいですし、管理人はスタバでカフェラテを頼んだ時はシナモンパウダーをかけたりしています。
毎日大量に摂取するものではなく、少量を1日1回摂ればいいので、とてもラクです。

気が向いた時に摂るだけでも冷えに効いてる気がするので、シナモンおすすめです。

ダイエットサプリで1ヶ月で太ももが50cm→43㎝に!

浮腫みやすいデスクワークOLが
たった1ヶ月ダイエットサプリを飲むだけで、太ももにが50cmから43cm、体重が49キロから44キロに。
浮腫みとセルライトに効くダイエットサプリとは…

1ヶ月で5㌔痩せたダイエットサプリの詳細はこちら

このページの先頭へ