浮腫みを和らげる食材を取り入れて、痩せやすい体になる!

浮腫みの原因は塩分の摂り過ぎから、糖質の摂り過ぎ、たんぱく質不足、ストレス、ホルモンバランスの乱れなどたくさんありますが、少しでも浮腫みにくい体になるために、浮腫みを和らげる食材を意識的に取り入れてみるのはいかがでしょうか。

浮腫みを和らげる食材というのは、大きく分けて3種類あります。

  1. 利尿作用のあるカリウムを多く含む食材
  2. 血液の流れをよくするビタミンEを多く含む食材
  3. 老廃物を流しやすくするクエン酸を多く含む食材

ではそれぞれ見てみましょう。

利尿作用のあるカリウムを多く含む食材

カリウムが浮腫みに聞くと言われているのは、塩分の摂り過ぎによって、体の中のナトリウムとカリウムのバランスが崩れるのを防ぐためです。
カリウムを摂ることで、体の中で余っているナトリウム(塩分)と水分を一緒に排出する働きがあります

カリウムを多く含む食材
わかめなどの海草類、キノコ類、瓜科の食べ物(キュウリ、スイカ)、大豆、ナッツ類

カリウムと聞くとキュウリを思い浮かべる人が多いでしょうが、意外にも他の食材にも多く含まれています。
キュウリは浮腫みには効きますが、体を冷やす作用があるため、食べ過ぎるとかえって体を冷やし浮腫みの原因になってしまうので要注意です。
おすすめなのは、お味噌汁にわかめを多めに入れたり、おやつにナッツを食べたり豆乳を飲むことです。

血液の流れをよくするビタミンEを多く含む食材

ビタミンEには血の巡りをよくする作用があるため、血行がよくなり、結果老廃物も流れやすくなります。
また、浮腫みだけでなく冷えにも効くので、女性には特にオススメです。

ビタミンEを多く含む食材
かぼちゃ、アボカド、モロヘイヤ、アーモンド、うなぎ

かぼちゃの煮物やアボカドは普段の食事に取り入れやすいのでおすすめです。
うなぎはしょっちゅう食べるようなものではありませんが、疲れている時や頑張ったあとのご褒美にいいですね。
カリウムに引き続いてアーモンドはビタミンEも多く含まれるので、おやつにスイーツを食べている人は明日からでもナッツにすることをおすすめします。
しかし、ナッツには塩で味付け下もものもあり、それだと浮腫みやすくなってしまうので、素焼きのもにしましょう。

老廃物を流しやすくするクエン酸を多く含む食材

クエン酸と聞くと、スポーツをしている人のもの、というイメージがありますが、実は浮腫みにも効果的なんです。
クエン酸には老廃物を排出する働きや、疲労回復の働きがあるため、疲れが溜まっている時に取り入れてみましょう。

ビタミンEを多く含む食材
グレープフルーツ、レモン、トマト、梅干し、お酢

基本的には酸っぱいものに入っていますね。
忙しい女性には、簡単に取り入れられるもずく酢やお酢ドリンクなんかもオススメです。
また、余裕があれば朝、グレープフルーツを食べたり、ミネラルウォーターにレモンをしぼって飲むのもいいですね。

頼りすぎないこと!

基本的にはご紹介した食材は浮腫みに効果的ですが、これらの食材に頼りすぎてしまい、栄養バランスが悪くなったり、タンパク質が不足しても浮腫みの原因になりますから注意が必要です。

また、キュウリをたくさん食べてるから、塩分の高いラーメンを食べても大丈夫!とラーメンばかり食べていては当然浮腫んでしまいます。

1番はバランスのいい食事です。

浮腫みに効く食材も取り入れつつ、上手に下半身ダイエットしていきたいですね。

ダイエットサプリで1ヶ月で太ももが50cm→43㎝に!

浮腫みやすいデスクワークOLが
たった1ヶ月ダイエットサプリを飲むだけで、太ももにが50cmから43cm、体重が49キロから44キロに。
浮腫みとセルライトに効くダイエットサプリとは…

1ヶ月で5㌔痩せたダイエットサプリの詳細はこちら

このページの先頭へ