鎮痛剤で冷えや浮腫み、便秘を引き起こす?鎮痛剤とダイエットの関係

みなさんは、生理痛や頭痛などがあった時、鎮痛剤(ロキソニンなど)を飲む習慣がありますか?

特にロキソニンは病院でも処方される事が多いので、何かと飲む機会も多く、あまり深く考えずによく飲んでいる方も多いのではないでしょうか。

管理人の友達も、偏頭痛持ちの子や生理痛がひどい子は常にロキソニンを持ち歩いているという子もいます。

しかし、ロキソニンなどの鎮痛剤は、とてもよく効きますがその分副作用もあります。

ロキソニン

その副作用の中に、実は冷えや浮腫みもあるんです。冷えや浮腫みは放っておくと代謝が落ちて太りやすくなったり、便秘になったり、セルライトができやすくなってダイエットを妨げてしまいます。

そんな鎮痛剤とダイエットの関係について、ご紹介していきたいと思います。

鎮痛剤で太りやすい体に?

鎮痛剤は痛い時に飲むと痛みがスッと引いてくれるので、とても便利で使いやすいですが、そもそも鎮痛剤とは体内でどうやって働くのでしょうか。

痛みが起こるのは、傷ついた細胞が自らを修復するために、プロスタグランジンなどを生成して血管を拡張し血流量を増やし、栄養などを送り込む際に同時に痛みや腫れ、炎症が発生してしまいます。

血流をよくして血液量を増やすことで傷ついた細胞の修復が行われるわけですが、痛みを抑えるためにはプロスタグランジンの生成量を抑えて血液量を減らすのが効果的なので、鎮痛剤というのはこのプロスタグランジンの生成量を抑える作用があります。
解熱剤や抗炎症剤も同じように、血液量が増えて外敵と闘ったり細胞を修復しているのを、血液量を減らすことで痛みや腫れなどを抑えているんです。

そのため、あくまで症状を抑えているだけで、病気を治したり根本的に治療しているわけではありません

しかも、何日も飲んだり頻繁に飲むようになってしまうと、血流が悪くなり冷えや浮腫みを招いてしまうんです
体が冷えている状態が続くと免疫力も低下してしまい、風邪をひきやすくなったり体調を崩しやすくなり、さらに鎮痛剤や解熱剤が必要な状況が増え、悪循環を引き起こしてしまいます。

管理人の友達は、よく風邪を引く子がいて、毎月のように風邪薬や頭痛薬を飲んでいて、旅行の時は絶対体調崩すからと言って旅行中は毎日薬を飲んでいるほど薬が手放せない状況ですが、いつも足が浮腫んでいると言っていました。
管理人から見ても、ちょっと浮腫みがひどくて辛そうだな…というほどです。
薬の飲みすぎで体温も下がっていると思いますし、体温が低いから体調も崩しやすい、冷えや浮腫みが治らないのだと思います。

管理人の過程は、ちょっとやそっとでは病院に連れてってもらえなかったし、熱がでるのは体が風邪菌を出そうとしているから、といって市販の解熱剤なんかも家になかったので、よほどのことがないと薬を飲みませんが、そのおかげか平熱も36.5度以上です。

また、他の副作用として、胃が荒れたり腹痛が起きたりなど、消化器系に不調が現れる事が多いのですが、まれに肝機能が低下し、ひどい浮腫みを引き起こす方もいるようです。

程度は人にもよりますが、特にひどいと1日で3kgも浮腫みで体重が増えたりします。

1日で約3ℓもカラダに溜まるなんて、カラダも重たくなりそうですよね。

ケガや手術などでどうしても飲まないと辛い、という時はやむを得ないですが、生理痛や頭痛などで飲むクセが付いている方は、お薬を飲むより、痛みの原因を取り除く方法へシフトした方がよさそうです。

たしかにお仕事をしてて飲まないとツライ、仕事にならない、という事も多いですが、ストレッチをしたりカラダを温めて、あまり薬を飲まなくてもいいようにしたいですね。

そうすれば、冷えや浮腫みがかなり軽減され代謝がよくなり、体調もだんだん整ってきます

手軽に飲めるものだからこそ、少し注意したいですね。

ダイエットサプリで1ヶ月で太ももが50cm→43㎝に!

浮腫みやすいデスクワークOLが
たった1ヶ月ダイエットサプリを飲むだけで、太ももにが50cmから43cm、体重が49キロから44キロに。
浮腫みとセルライトに効くダイエットサプリとは…

1ヶ月で5㌔痩せたダイエットサプリの詳細はこちら

このページの先頭へ