足の裏に湿布を貼って浮腫み取り?ちゃんと浮腫みは取れる?

湿布、というと筋肉が疲れた時やおじいちゃんが腰に貼っているようなイメージがありますよね。

あの独特なにおいは湿布ならでは、という感じです。

そんな湿布を足の裏に貼ると浮腫みがとれる、という方法があるのをご存知ですか。

湿布は肩や腰、膝、ふくらはぎなど、関節が痛みやすい箇所や筋肉が疲れやすい場所に貼るイメージがあるので、足の裏に貼るというのはあまり聞きませんよね。

しかし湿布を切って足の裏に貼ることで、足のむくみが取れ、痩せやすい体になるんです。

そこで、足の裏に湿布を貼る方法や、湿布を貼ることで浮腫みがとれる理由をご紹介します。

足の裏湿布を貼って浮腫みがとれる理由

足の裏には、たくさんの血管やツボが集中しています。
それを湿布で刺激することで、血流をよくしたり、浮腫みに欠かせない肝臓や膀胱の働きをよくします

湿布は冷湿布でも温湿布でもいいので、冷え性の方は温湿布のほうがいいかもしれません。

また足の裏には他にも甲状腺のツボなどがあります。甲状腺は脂肪燃焼を促すホルモンを分泌しているため、そのツボが刺激されることで、浮腫み意外にも脂肪燃焼効果が期待できます。

足の裏に湿布を貼る方法

足の裏に湿布を貼る方法は、2枚湿布を用意します。
それぞれを半分に切ります。

まず足の裏の中央より少し下に1枚貼ります。ここには、肝臓や腸、膀胱などのツボがあり便秘を解消したりデトックスを促し、浮腫みを解消します。

もう1枚は、親指の下の付け根からその辺りのふくらみにかけて貼ります。ここには甲状腺のツボがあるので、脂肪燃焼を促します

これを両足にします。

湿布を貼るタイミングは、夜寝るときがオススメです。

長く貼るほどいいので1日貼ってもかぶれない方は貼っても大丈夫ですが、衛生面なども気になるので、靴を履いたり脱いだりする時は夜だけにしておきましょう。

湿布を貼る前は足を洗い清潔にしてから貼りましょう。

ダイエットサプリで1ヶ月で太ももが50cm→43㎝に!

浮腫みやすいデスクワークOLが
たった1ヶ月ダイエットサプリを飲むだけで、太ももにが50cmから43cm、体重が49キロから44キロに。
浮腫みとセルライトに効くダイエットサプリとは…

1ヶ月で5㌔痩せたダイエットサプリの詳細はこちら

このページの先頭へ