ごぼう茶で毒出しダイエット!ごぼう茶の効果や作り方

ごぼうはもともと体にいいというイメージがありますが、ごぼうを使ったごぼう茶がダイエットに効果があると人気なんです。

ごぼう茶は自分で作ることもできますし、カフェインもなく妊婦さんでも飲みやすいので、とてもおすすめです。

そんなごぼう茶のぢえっと効果や作り方などご紹介していきます。

ごぼう茶

ごぼう茶って?

ごぼう茶とは、ごぼうを干したものをお湯で煎じるだけの、ごぼうだけでできたお茶のことです。
お茶というより漢方のような感じで、実際中国では漢方として使われています。

味は好き嫌いがあるようですが、管理人的には『お茶』というより『ごぼうの味がするお湯』という感じです。
麦茶や緑茶などゴクゴク飲むお茶と違い、冷めたら飲みにくいという意見が多く、温かいものをゆっくり飲むほうが飲みやすい方が多いようですね。

ごぼう茶のダイエット効果

利尿作用があり浮腫みを解消

ごぼう茶には利尿作用があり、浮腫みを解消してくれます。
浮腫みは単純に脚を太くしてしまうだけでなく、放っておくと脂肪細胞に老廃物がくっついてセルライトになってしまいます。

セルライト

また、セルライトができると脂肪が燃えにくくなるので、代謝が落ちてますます脂肪がつきやすくなってしまいます。

そんな悪循環を断ち切るためにも、浮腫みを解消することはとても大切なんです。

浮腫みを解消することで体に溜まった老廃物を外に出し、代謝のいい体にしてくれるので痩せやすくなります。

コレステロールを分解&排出

ごぼう茶にはコレステロールを分解し、排出する効果があります。
若い方はコレステロール値はあまり気にしていないかもしれませんが、あまりコレステロール値が高いと心筋梗塞や動脈硬化などの病気のリスクが上がってしまいます。

心筋梗塞や動脈硬化なんて言われてもピンとこないかもしれませんが、いわゆる血管が固くなり血流が悪くなっている状態なんです。

血流が悪くなるということは、全身に酸素や栄養素がうまく行き渡らなくなるので、その分代謝も落ちて太りやすくなってしまうということです。

健康にも関わっていますが、ダイエットのためにも高すぎるコレステロール値は下げたほうがいいんですね。

サポニンが脂肪の吸収を抑制

ごぼうに含まれるサポニンという成分には、脂肪の吸収を抑制する効果があります。

脂肪

サポニンは高麗人参などにも含まれていますが、ごぼう茶で摂れるほうがお手軽ですよね。

また、サポニンは肝臓を元気にする効果があるので、デトックス効果が高まり余分な老廃物を体の外に排出してくれます。

ごぼう茶の作り方

  1. ごぼうをささがきにします。皮はそのままでOKです。
  2. ささがきにしたごぼうを天日干しにます。
    天日干しが難しい方は、キッチンペーパーの上にごぼうを広げ、電子レンジで600w×3分×3回チンします。
    チンする時は、その都度ごぼうを返しながらチンしましょう。
  3. フライパンで10~15分乾煎りして、完成です。

天日干しは難しいかもしれませんが、電子レンジを使えば簡単にできそうですよね。

あとはお湯で煎じて飲むだけです。

飲み終わったごぼうはきんぴらにしたり、豚汁に使えます。

作るのが面倒な方はスーパーやネットでも購入できます

そうはいってもなかなか自分で作るのは大変という方は、スーパーやネットでも購入することができます。
その際はできるだけ、無農薬で国産のごぼうを使ったごぼう茶を選ぶようにしましょう。

ネットなら、こちらのショップがおすすめです。

安全、安心のごぼう茶

ダイエットサプリで1ヶ月で太ももが50cm→43㎝に!

浮腫みやすいデスクワークOLが
たった1ヶ月ダイエットサプリを飲むだけで、太ももにが50cmから43cm、体重が49キロから44キロに。
浮腫みとセルライトに効くダイエットサプリとは…

1ヶ月で5㌔痩せたダイエットサプリの詳細はこちら

このページの先頭へ