ビタミンB群不足で下半身がどんどん太くなる

ビタミンB群、というと何となく元気がない時に必要なビタミン、だったり精を出すビタミン、みたいなイメージがあり、あまりダイエットには関係ないように思うかもしれません。

しかし、下半身太りに悩んでいる方の多くがビタミンB群不足なんです。

特に、スイーツやお酒が大好きな人ほどビタミンB群は不足します。

そこで、ビタミンB群が不足すると太る理由と、ビタミンB群を多く含む食材をご紹介したいと思います。

ビタミンB群とは?

ビタミンB群とは、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6、葉酸、ビオチン、コリン、インシトールの10種を指します。
B群、というだけあって、どれか一つでも欠けるとうまく機能しなくなってしまいます

ビタミンB群不足でどんどん太る理由

ビタミンB群は、糖質や脂質をエネルギーに変換するのに必要なビタミンです。
つまり、ビタミンB群が不足すると、エネルギー源はあるのにエネルギーが作られない状態になります。

使われなかったエネルギー源は脂肪として蓄えられ、さらにエネルギーが足りない!と脳が判断し、さらに糖質や脂質がほしくなってしまう、という悪循環が起きてしまうんです。

特に精製された小麦粉や白米にはこれらのビタミンがほとんど含まれていないため、食べれば食べるほどビタミンB群不足になり、体に脂肪がついてしまいます。
しかも体はエネルギーが作られていないので、疲れやすく、手っ取り早くエネルギーになる甘いものを欲してしまいます。

なんとなく体が重たい
いつも甘いものがやめられない

という方はビタミンB群不足の可能性大です。

ビタミンB群不足を回避するには

ビタミンB群を補うためには、まずは精製された小麦粉や白米をやめて、全粒粉や玄米に変えることをおすすめします。

全粒粉や玄米にはビタミンB群だけでなく食物繊維やミネラルも豊富です。

わざわざ白米を食べておかずで一生懸命ビタミンやミネラルを補うより、もともと栄養豊富な玄米を食べたほうがはるかに効率的です。

また、白米や小麦粉に比べると、玄米や全粒粉はGI値が低く血糖値が上がりにくいので、体脂肪がつきにくいという特性があります。

しかしお付き合いや友達とのランチで毎回玄米が食べれるわけではありませんよね。

そこで、ビタミンB群が多い食材をご紹介します。
白米や小麦粉製品を食べる時は、できるだけ下記の食材を一緒に食べるようにしましょう。

ビタミンB群が多い食材
鶏レバー、うなぎ、豚肉、たまご、鶏もも肉、納豆、たらこ、ほうれん草、さんま、あさり

定食定食であれば、豚のしょうが焼きやうなぎ、鶏もも肉のソテー、パスタであればアサリのパスタやほうれん草が入ったパスタがいいですね。
卵や納豆にも多く含まれるので、シンプルな納豆卵定食もかなりおすすめです。

ちょっとしたことで補えるので、ダイエットのために気を配ってみましょう。

ダイエットサプリで1ヶ月で太ももが50cm→43㎝に!

浮腫みやすいデスクワークOLが
たった1ヶ月ダイエットサプリを飲むだけで、太ももにが50cmから43cm、体重が49キロから44キロに。
浮腫みとセルライトに効くダイエットサプリとは…

1ヶ月で5㌔痩せたダイエットサプリの詳細はこちら

このページの先頭へ