【前もも痩せ】固い前ももを細くするストレッチとマッサージ

鏡で自分を横から見ると、前ももがパンパンになっている、とびっくりすることはありませんか。

普段はファッションなどのチェックも、どうしても前からしか見ないことが多いので、ふとした時に横から見て、太ももめっちゃ太いじゃん…と凹んだりしますよね。

細めのパンツスタイルやミニスカートなどを履くと目だったりして気になることも多い前もも。

そんな、前ももを太くしている原因や、細くするためのストレッチ方法、マッサージ方法などご紹介したいと思います。

ヒールが前ももを太くする?

女性の多くは、オシャレや身だしなみとしてハイヒールを履く機会が多いですよね。
ハイヒールはひざ下を長く見せ、スタイルをよく見せられることから人気ですし、女性なら誰しも、細いピンヒールでかっこよく歩く…というのには憧れますよね。

しかし、ハイヒールはうまく使えないと、逆に足を太くしてしまうんです。

ハイヒールを履くと、どうしても体が前に傾こうとするので、下の図のように体が引っ張られます。

そうすると、ピンクで塗っている箇所の筋肉がバランスを取ろうと酷使され、逆にお腹周りなどは力が入らないためゆるんでしまいます

特に、大きい筋肉である前ももは体を支えようとかなり酷使されてしまうので、パンパンになり太くなってしまうんです。

また、前ももは膝の曲げ縮みだけでなく、普段から色々な動きに使われる筋肉なため、どうしても酷使してしまいがちなんですね。
足を前に出す動きは普段からしますが、横に出したり後ろに出すことはあまりしないですからね。

ハイヒール以外にも、重たい荷物をよく持つ方や、妊婦さん、子育て中でお子さんを前で抱っこする方も、お腹が前に出やすいのでこの姿勢になりやすいです。
一度鏡の前で横を向いて、楽な姿勢で立ってみて、お腹が前に出ていたら要注意です。

硬くなった前ももはどんどん太く

前ももが硬くなると、縮んで硬直しているような状態になるので、うまく代謝が行われず、脂肪や浮腫みを招いてしまいます。
そうすると、硬くなった筋肉の上に、どんどん脂肪と水分が重なっていき、中はパンパンで固いのに、表面はなんだかたぷたぷしている…という状態になってしまいます。

この状態だと脂肪細胞がセルライト化しやすく、セルライトになってしまうと脂肪が硬くなってしまうので、前もも全体が硬くなります
そうすると、全部筋肉かな?という風にも感じられ、特に昔運動をしていた方なんかは、『筋肉で太くなっている』と思いがちですが、実際は酷使して硬くなった筋肉の上にセルライトが乗っているのかもしれません。

硬くなった前ももを細くするには?

では硬くなって太くなった前ももを細くするにはどうしたらいいでしょうか。
おすすめは、ストレッチマッサージ、最後に姿勢を気をつけることです。

ストレッチでは酷使して凝り固まった筋肉を柔らかくし、水分の巡りや血液の循環をよくします。
そしてマッサージでセルライトを潰して柔らかくし、最後に姿勢を気をつけることで、下半身の筋肉をバランスよく使えるようにし、痩せやすくします。

硬くなった前ももをストレッチで柔らかく

それを防ぐために、前ももを柔らかくして柔軟にしておきましょう。

前ももを柔らかくするストレッチは、

1.正座で座る
2.ゆっくり上半身を倒していく

たったこれだけです。

前もも

前ももが張って痛いという方は、まずは上半身を倒しきらないで、後ろに手をつき少しずつ伸ばしていきましょう。

もしくは正座ではなく女の子座りで脚をずらしておくと、上半身が倒れやすいですよ。

前もものセルライトを潰して柔らかく

前ももについたセルライトを解消するには、マッサージが有効です。
床に座って両足を前に伸ばします。

そのまま、両手の平を使って、膝から太ももの付け根にかけて前ももをぐりぐり押していきます。
最初は痛いですが、毎日やっていると痛みが和らいでくるので、片足3~5分ずつやってみましょう。

手でうまくマッサージできない方は、麺棒やラップの芯を使うとやりやすいです。
滑りをよくするためにタイツやストッキングを履き、両手で麺棒を持って膝から太ももの付け根にかけてマッサージしていきます。

麺棒マッサージ

麺棒はふくらはぎのマッサージにも使えるのでおすすめです。

麺棒で脚痩せダイエット!セルライトと浮腫みを解消するゾーンセラピー

姿勢に気を付けて太もも痩せする

筋肉のコリをほぐしてセルライトも柔らかくなったら、太ももが伸びやすくなるので姿勢を正しやすくなります。
前ももを太くしたいための正しい姿勢は、横から見た時にくるぶし膝の真ん中太ももの真ん中まっすぐ一直線になっていることです。

姿勢

最初は腹筋を使ってお腹を後ろに引かないとなかなか難しいですが、この姿勢をできるだけキープすることで、前ももだけでなく太ももの後ろ側の筋肉も程よく使え、ヒップアップ効果や、太ももの引締め効果があります。

ヒールを上手に履く方法

前ももを太くしないためには、ストレッチで柔らかくすることや姿勢を正すことが大切ですが、ヒールを履くとどうしても重心が前に行きやすいので、少しコツが必要です。

前ももに負荷がかからないようにするのは、前に傾いている骨盤を、下腹の筋肉を使い骨盤を立てるようにします
骨盤を立てると、自然と前ももに体重がかかっていたのがなくなります。

衰えがちな下腹が鍛えられて、ポッコリお腹の解消にもなりますし、お腹に力を入れることで腸に刺激がいきやすくなり、便秘の解消にも役立ちます。

ハイヒールを履く時は、お腹にしっかり力を入れて立ち、帰ったらストレッチでほぐしてあげるようにしましょう。

ダイエットサプリで1ヶ月で太ももが50cm→43㎝に!

浮腫みやすいデスクワークOLが
たった1ヶ月ダイエットサプリを飲むだけで、太ももにが50cmから43cm、体重が49キロから44キロに。
浮腫みとセルライトに効くダイエットサプリとは…

1ヶ月で5㌔痩せたダイエットサプリの詳細はこちら

このページの先頭へ