セルライトができると下半身が痩せない、というのはよく言われますよね。

エステの広告などでも、セルライトを潰さない限り痩せない、というような情報をよく見るので、セルライトはダイエットの天敵のようなイメージがあります。

実際には、セルライトはどんなもので、ダイエットにどのような影響を与えているのでしょうか。

セルライトができる原因やダイエットに与えること影響、セルライトの解消法など合わせてご紹介したいと思います。

セルライト2

セルライトとは

セルライトとは、脂肪細胞に老廃物などがくっつき、そこにコラーゲン繊維が絡み付いて硬くなったものです。

お肌の表面が凸凹するので見た目にもよくないですが、セルライトになってしまった脂肪細胞は燃焼されにくいのでダイエットの妨げになってしまいます。

セルライトは皮下脂肪の多い太ももやお尻などの下半身にできやすいですが、ふくらはぎや二の腕などにもできます。
とくに下半身は浮腫んで老廃物が溜まりやすいので、セルライトができやすいという特徴があります。

日本人女性の8割はセルライトがあると言われていて、見た目にはあまり分からなくても実はセルライトやセルライト予備軍の脂肪が潜んでいる可能性もあります。

セルライトがあると痩せない理由

セルライトは脂肪細胞に老廃物がくっつき、そこにコラーゲン繊維が絡み付いて硬くなってしまった状態なので、脂肪細胞に栄養や酸素がなかなか届きません
どんなに運動しても栄養をきちんと摂っても、それが脂肪細胞に届かないのでセルライトがある箇所だけ痩せにくいということが起きてしまうんですね。

色々やってるのにおしりや太ももだけ痩せず、胸のあたりばかり痩せてしまうという方は、セルライトが原因かもしれません。

セルライトができる原因

ではセルライトができる原因は何でしょうか。
セルライトができるのは色々ありますが、要となっているのは、浮腫みです。

浮腫みが生じると、細胞と細胞の間に老廃物入りの水分が溜まることになります。
これを放っておくと脂肪細胞に老廃物がくっついてしまいます。

脂肪細胞に老廃物がくっついた状態というのは、体にとっては異物と判断されコラーゲン繊維が周りを固めてしまいます

この、老廃物とコラーゲンで固められた脂肪細胞をセルライトと呼びます。

一度脂肪細胞がセルライトになってしまうと、脂肪を燃焼するための酸素や栄養素が届かず、セルライトがあるところだけ脂肪が燃焼されないんです。

しかも燃焼されないということは、そこだけ熱が作れず冷えやすくなり、さらに浮腫みを招いてセルライトを悪化させてしまうんです

浮腫みを招く要因

ではセルライトを作ってしまう浮腫みは、どういったことから引き起こされるのでしょうか。

原因は色々あり、

  • 塩分のとりすぎ
  • 糖分のとりすぎ
  • 添加物のとりすぎ
  • カフェインのとりすぎ
  • アルコールの飲みすぎ
  • 運動不足
  • 睡眠不足
  • デスクワーク
  • 冷え
  • 湯船に浸からない

などが考えられます。

外食が多い方や、コンビニ、レトルト食品、ファストフードをよく食べる方、菓子パンやおにぎりだけでご飯を済ませがちな方、コーヒーやアルコールをよく飲む方、デスクワークで運動不足な方、手足がよく冷える方は、浮腫みやすくセルライトができやすい状態になっています。

セルライトを潰す方法

セルライトは自然にしていて勝手になくなることはほとんどないため、潰してコラーゲンと老廃物を脂肪細胞から剥がしてあげなければなりません。
セルライトはやみくもにゴリゴリしていては、かえって細胞を傷つけたり、せっかく剥がしても老廃物を流さないでいると、またセルライトになってしまうので、少しコツがいります。

1.足裏をマッサージ

足裏マッサージ

セルライトを潰すのになぜ足裏?と思うかもしれませんが、足裏には色々なツボが集まっていて、しっかりマッサージすることで代謝がよくなり老廃物が流れやすくなります
また、足先は意外と浮腫んでいることが多く、ここをマッサージしないで進めてしまうと、リンパの流れがここでストップしてしまいます。
リンパは、長いホースのようなイメージで、一箇所が詰まるとその先全部が詰まってしまうので、全体的に流れをよくする必要があるんですね。
足裏は特にツボを意識する必要はなく、親指で押したり、拳でゴリゴリやりましょう。

2.足首から膝下に向かってマッサージ

ふくらはぎマッサージ

足裏が終わったら、足首から膝下に向かって、ふくらはぎをマッサージしていきます。
あまり強くする必要はなく、気持ちいいくらいの優しさで、リンパ液をを膝下に持っていくようなイメージで、マッサージしましょう。

3.膝裏をマッサージ

ひざ裏マッサージ

膝裏には太いリンパ管がたくさん通っているため、念入りにマッサージしましょう。
足を伸ばして、親指以外の指で下から押すように揉むとやりやすいです。

4.太もものセルライトをマッサージ

太ももマッサージ

いよいよ太もものセルライトをマッサージして潰していきます。
太ももは前後、左右で4つに分け、それぞれ膝から付け根に向かって揉んでいきます。
両手を使い、お肉を挟むように持ち、グニグニしていきます。
この時、痛いほど強くやってしまうと、細胞が傷ついてしまうので、気持ちいい、もしくは痛気持ちいいくらいのつよさにしましょう。
4箇所全て、膝から付け根に向かってマッサージしましょう。

5.お尻のマッサージ

太ももが終わったら次はお尻です。
お尻もセルライトが溜まりやすいですし、冷えて血行が悪くなり、浮腫みやすい場所でもあります。
左右のお尻を片方ずつ、下から上に向かってほぐすようにマッサージしていきましょう。
グリグリするというより、ギュッギュッとつまむのを繰り返していくイメージです。
意外と痛いですが、しばらくするとお尻の血行がよくなって温まってくると思います。
温かさを感じてきたら、マッサージ終了です。

マッサージはセルライトを潰すだけでなく、浮腫み解消の効果もあるので、毎日続けましょう。
忙しい時は5分くらいでサッとやってもいいですし、時間がある時は念入りにやって、毎日続けることが大切です。

記事一覧

[child_pages size=”thumbnail”]