ナタデココでダイエット!しつこい便秘を解消

ナタデココはもともとフィリピンで食べられていたもので、かなり前に日本でも大ブームとなりました。

寒天ともゼリーとも違う、コリコリした食感が特徴で、なんとも言えない美味しさがありますが、実はダイエットにも効果があるんです。

そんな秘めたるパワーをもったナタデココをご紹介したいと思います。

ナタデココってどうやって作られるの?

そもそもナタデココってどうやって作られるのでしょうか。
スーパーなどで売られている時にはすでにあのカタチになっていますが、どうやって作られているのかご存知ない方も多いのではないでしょうか。

ナタデココは、ココナッツの固い皮の中にある果肉とココナッツウォーターが主原料です。
ココナッツウォーターと言えばセレブの間でも大人気のダイエット飲料ですよね。

その果肉やココナッツウォーターに、お水と砂糖、それから酢酸菌を混ぜて発酵させます。
そうするとだんだんと膜ができてくるのですが、この膜を15㎜程度の厚さになった時に取り出し、サイコロ状に切ってシロップに浸けたものが、日本で売られているナタデココです。

ナタデココはスペイン語で「ナタ」=「浮いた皮」、「デ」=「of(~の)」、「ココ」=「ココナッツ」という意味なので、まさしく!という感じですよね。

ちょっと意外な作り方ですが、この作り方をすることにより、ダイエット効果のある栄養素が詰まっているんです。

ナタデココがダイエットに効果のある理由

食物繊維が豊富

ナタデココを作る際に酢酸菌を入れて発酵させると言いましたが、その際に入れる菌はアセトバクター・キシリナムという菌です。
これを発酵させることで、微生物セルロースという食物繊維が生まれます。
あのコリコリした食感の源ですね。

この微生物セルロースは、野菜や果物に含まれる植物セルロースに比べてきめが細かく、植物セルロースにはない、血液中のコレステロールを減らすという効果があります。
また、もちろん便秘解消効果もあります。

糖の吸収を緩やかに

微生物セルロースの魅力はまだあり、胃や腸の中でもゲル状として残るので、糖の吸収を緩やかにする効果があります。
糖の吸収が緩やかになるということは、体脂肪が付きにくくなるということです。

そのため、おやつとしてだけでなく、食事前に少し食べておくだけで、食事の量を抑えつつ体脂肪をつきにくくしてくれるのです。

低カロリー

ナタデココは原材料を見て分かる通り、ほとんどが水分です。
そのためとってもカロリーが低く、100gあたり約75kcalです。

まとめ

ナタデココはカロリーが低い上、食物繊維も豊富でお腹に溜まりやすい食べ物です。
おやつとしても最適ですし、飲み会前などにお腹に入れておくのも、食事量がセーブされておすすめです。

ただ、低カロリーといえどお砂糖も使われているので、ナタデココだけで1食終わらせたり、食べ過ぎは控えましょう。

ダイエットサプリで1ヶ月で太ももが50cm→43㎝に!

浮腫みやすいデスクワークOLが
たった1ヶ月ダイエットサプリを飲むだけで、太ももにが50cmから43cm、体重が49キロから44キロに。
浮腫みとセルライトに効くダイエットサプリとは…

1ヶ月で5㌔痩せたダイエットサプリの詳細はこちら

このページの先頭へ