カテキンで脂肪燃焼してダイエット!効果や副作用、おすすめのサプリ

茶カテキン、というとコンビニなどで販売しているトクホのお茶にも入っているので、名前は聞いたことがあるという方がほとんどではないでしょうか。

そんな茶カテキンですが、実際にはどんなダイエット効果があるのでしょうか。

ダイエットサプリでも人気の成分カテキンの効果や副作用、茶カテキンの入ったダイエットサプリなどご紹介したいと思います。

茶カテキン

茶カテキンとは

茶カテキンとは緑茶などに含まれる渋み成分のことです。
ポリフェノールの一種で、「タンニン」とも呼ばれています。

緑茶を飲むと渋さが口の中に広がりますよね。あれが茶カテキンです。

この茶カテキンには殺菌作用やコレステロールを抑える効果、血糖値の上昇を緩やかにする効果などがあります。

よくお寿司屋さんで緑茶が出てくるのは、ナマモノを食べることで食中毒にかかるリスクがありますが、この食中毒の原因となる腸炎ビブリオ菌や黄色ブドウ球菌は、茶カテキンによって殺菌できることが分かっているからなんです。
昔から緑茶は食中毒の予防としても飲まれているんですね。

茶カテキンのダイエット効果

血糖値の上昇を抑える

血糖値

茶カテキンには血糖値の上昇を抑える効果があります。

食事で摂った糖質は小腸で吸収されると、血液中にブドウ糖として運ばれます。
血液中のブドウ糖が増えると血糖値が上がり、インスリンというホルモンが分泌されてブドウ糖は中性脂肪に変換され、体脂肪として体についていまいます。
茶カテキンで血糖値の上昇を抑えることで、インスリンの分泌量を減らし、中性脂肪に変換される量を減らすことができるので、体脂肪が体につきにくくなるんですね。

炭水化物をよく食べる方や、甘いものが好きな方は血糖値が上昇しやすいので、茶カテキンを摂ることで体脂肪の増加を防ぎ、ダイエットにつながります。

脂質の吸収をブロック

あげもの

茶カテキンには、食事で摂った脂質を分解して、吸収されにくくする作用があります。
油っこいこってりした食事の時や、バターや生クリームを使ったスイーツなどを食べる時に一緒に摂取することで、脂質の吸収をブロックして太りにくくしてくれる効果があります。

血液サラサラで代謝アップ

ストレッチ

茶カテキンはポリフェノールの一種なので、体内の活性酸素を除去して血液をサラサラにする作用があります。
血液がサラサラになることで、全身に酸素や栄養素が届きやすくなるので、代謝が上がって痩せやすくなります。

血液がサラサラになることで冷えも解消されやすくなりますし、老廃物が流れやすくなるので浮腫みの解消にもつながります。
全身の代謝がよくなることで、内臓の働きもアップし、便秘も解消されやすくなります。

便秘解消

便秘解消

茶カテキンに殺菌作用は、腸内でもパワーを発揮します。
腸内にいる悪玉菌を殺菌し、善玉菌には無害で、腸内環境を整えてくれる効果があるんです。
腸内環境が整うことで、腸の動きが活発になるので、便秘が解消されやすくなります。

便秘が解消されることで、腸でカロリーが再吸収されて太りやすくなるのを防ぐ効果がありますし、お腹に溜まった便が周りの血管やリンパ管を圧迫し、下半身の代謝が落ちて太りやすくなるのを防ぐ効果もあります。

脂肪燃焼効果

脂肪

茶カテキンには脂肪の燃焼を促す効果があります。
とくに運動前に摂取することで、脂肪の燃焼を促進してくれ、ダイエットをサポートしてくれます。

茶カテキンのその他嬉しい効果

虫歯予防効果

茶カテキンの殺菌作用には、虫歯を予防する効果もあります。
甘いものを食べると虫歯菌が増えて虫歯ができやすくなるので、甘いものを食べる時に一緒に摂取すると効果的です。

ガンの予防効果

茶カテキンはポリフェノールで、体内の活性酸素を除去する抗酸化作用があります。
体内の活性酸素を除去することで細胞が錆びて老化していくのを防ぐ効果があるので、ガン細胞が増えるのを防ぎ、ガンにあんるリスクを減らす効果があります。

美肌効果

体内の活性酸素を除去することで、お肌の老化も遅らせることができるので、シミやシワなどを予防・改善したり、ニキビなどの肌荒れを改善する効果もあります。

茶カテキンの副作用

そんな茶カテキンですが、副作用はあるのでしょうか。

茶カテキンは食べ物に含まれる成分なので、基本的には副作用はないようです

ただ、カナダやフランスなどでは、茶カテキンを摂取しすぎると肝機能障害が起きるという報告があります。

あとは茶カテキンの副作用ではありませんが、茶カテキンを摂取する際、緑茶で摂取する方もいますよね。
緑茶には茶カテキンだけでなくカフェインも含まれています。
そのため、茶カテキンをたくさん摂ろうと緑茶をたくさん飲むと、カフェインの過剰摂取につながってしまいます。

カフェインは少量であれば目を覚ますいい作用もありますが、摂りすぎると常に脳が興奮してしまい、睡眠に障害が出たり、利尿作用によって水分不足になってしまうなどの副作用があります。

純粋に茶カテキンだけを適度に摂取するのであれば問題ないですが、サプリメントで過剰に摂取したり、茶カテキン以外の成分も一緒に摂取する場合は、過剰摂取は控えましょう。

また、カテキンには鉄分の吸収率を下げてしまう作用があります。鉄分が不足すると全身にうまく酸素が運べず、代謝が低下して太りやすくなってしまいます。そのため、貧血気味の方や、鉄分が必要な妊婦さんは控えめにしましょう。

茶カテキンの摂取目安量

茶カテキンの摂取目安量というのは決まっているわけではありません。
上限目安量もないのでたくさん摂りたい!という気持ちにもなりますが、大体1日に1gがちょうどいいようです。

緑茶でいうと、コップ1杯に約0.1gの茶カテキンが含まれているので、10杯飲むとちょうどいいです。

緑茶

ただ、緑茶だとカフェインも一緒に摂ってしまうので、夕方以降はサプリメントがおすすめです。

茶カテキンの摂取するタイミング

茶カテキンは食事で摂った糖質や脂質の吸収をブロックしてくれる作用があるので、食事と一緒に摂るのがおすすめです。
緑茶だったら食事と一緒に飲みましょう。

また、脂肪の燃焼を促す作用もあるので、運動前に摂取するのもおすすめです。
運動前に摂取することで、いつもより汗をかきやすくなった、という口コミも多く見られます。

茶カテキンダイエットが向いている人

茶カテキンには糖質や脂質の吸収をブロックする作用もあるため、甘いものや炭水化物、こってりしたものが好きな人に向いています。
ただ、茶カテキンを摂っているからと言って油断して食べすぎると元も子もなくなってしまいます。

普段の食事は野菜やきのこ類、豆類、海藻類などを使ってヘルシーにし、おやつの時や友達とご飯を食べる時などにしっかり茶カテキンを摂るのがおすすめです。

茶カテキンダイエットの口コミ

毎日ペットボトル1本緑茶を飲むようにしたら、1年で10kg痩せました。長い目で見るのがコツかな?
トクホの緑茶を飲むようにしたら、1ヶ月で2kg痩せました。他は何もしてないのでこれのおかげだと思います。
2ヶ月緑茶を毎日飲みましたが、効果なしです…もともとジュースを飲まず、お水かお茶派だったので、余計ですかね。
ダイエット効果はなかったけど、便秘に効きます。風邪もひきにくくなったので、健康のためにも毎日緑茶を飲もうかなと思います。
カテキンダイエットがいいと聞いて毎日緑茶を飲むようにしました。そしたらカフェインがよくないのか、夜中に何度も目が覚めるようになりました…ダイエット効果はあったので、今はサプリメントにしてます。

茶カテキンが入ったおすすめダイエットサプリとダイエット茶

飲まなく茶

飲まなく茶

5年連続でTV放映され、モンドセレクション受賞楽天ランキング1位になった実力派のダイエットティー『飲まなく茶』。
カテキンを緑茶の7倍含むステビアや、脂肪燃焼効果のあるウーロン茶とプーアル茶、浮腫みを解消するエビス草の実、ビタミンCたっぷりのローズティーなどをバランスよく配合したお茶です。

特殊な製法で成分を3倍に凝縮しているため、1日1杯でもしっかり効果を実感できるダイエット茶で、味も薄めのほうじ茶や麦茶のような、日本人に馴染む味です。

美味しくのんで、しっかり効果を実感したい方におすすめです。

公式サイトはこちら

シェイプアップ乳酸菌

シェイプアップ乳酸菌

1袋でヨーグルト900個分の乳酸菌が入っているシェイプアップ乳酸菌は、腸内環境を整えて便秘を解消しつつ、カテキンでダイエットもサポートしてくれるサプリメントです。

便秘を放っておくとどんどん代謝が落ちて痩せにくくなってしまうので、代謝を上げて痩せたいけど、便秘も解消しとかなきゃ!という方におすすめのダイエットサプリです。

公式サイトはこちら

ダイエットサプリで1ヶ月で太ももが50cm→43㎝に!

浮腫みやすいデスクワークOLが
たった1ヶ月ダイエットサプリを飲むだけで、太ももにが50cmから43cm、体重が49キロから44キロに。
浮腫みとセルライトに効くダイエットサプリとは…

1ヶ月で5㌔痩せたダイエットサプリの詳細はこちら

このページの先頭へ