足を組むことで下半身がどんどん太くなる!

何気無く座っている時、つい足を組んでしまう方は多いですよね。
人はイライラしたり警戒している時に身を守ろうと足を組んでしまうようです。また、カラダが歪んでいるとバランスを取ろうと足組みをしてしまう事がわかっています。

足組みは見た目こそセクシーだったりしますが、実はダイエットだけでなく様々な弊害があるんです。

そこで、足組みのデメリットや治し方についてご紹介していきます。

足組みはどんどん下半身を太くする

足を組むことで、片方の足にかなりの負荷がかかってしまいます。
そうすると、血流だけでなくリンパの流れも悪くなり、浮腫み冷えを招いてしまいます。

冷えると代謝が悪くなりますし!浮腫んで老廃物が流れにくくなると脂肪細胞とくっつきセルライトを作ってしまいます。
セルライトは一度できるとそのままでは燃焼してくれないので、脚痩せがどんどん難しくなります。

また足を組むと、骨盤がかなり歪んでしまいます。
骨盤が歪むということは、周辺のリンパや血管を圧迫して、冷え浮腫みを招くだけでなく、便秘になったり、内臓が圧迫されて代謝が落ちたりします。
骨盤が歪むと脚の筋肉を正しく使えず、無駄な筋肉がついて太くなったり、きちんとした筋肉が使えずたるんだりします。

それだけでなく、背骨などの歪みにも繋がるので、腰痛や肩こり、顔の歪みを引き起こしてしまいます。
女性特有の生理痛なども、骨盤の歪みによって冷えが起こり悪化する事も多いので、女性は特に注意が必要です。

足を組まずにいる方法は?

では足を組まずにいる方法とはどんなものでしょうか。

1.ひたすら意識する

1番いいのは、ひたすら意識することです。
最初は違和感を感じたり落ち着かなかったりして、気がついたら組んでいた、ということもありますが、慣れてくると骨盤の歪みもとれてきて自然と組まなくても大丈夫になります。

2.下がっているほうにタオルを敷く

2つ目は、骨盤が下がっているほうにタオルを敷くということです。
そうすることでバランスが取りやすくなるので足組みを防げます。

ただし、この方法は骨盤の歪みはキープしてしまうので、どうしてもの時にとっておくのをオススメします。

3.骨盤矯正する

最後は骨盤矯正することです。評判のいい整体などだと、帰りの電車で足を組めない、というくらい綺麗に整えてくれますが、いい整体を見つけたり通ったりするのは大変です。

たしかにプロの手を借りると速いですが、難しい方は自宅でできる骨盤矯正がおすすめです。
おすすめなのは、座るだけで骨盤矯正になるBody Make Seat Style。

楽天→【公式通販】Body Make Seat Style
Amazon→MTG Body Make Seat Styl

ダイエットサプリで1ヶ月で太ももが50cm→43㎝に!

浮腫みやすいデスクワークOLが
たった1ヶ月ダイエットサプリを飲むだけで、太ももにが50cmから43cm、体重が49キロから44キロに。
浮腫みとセルライトに効くダイエットサプリとは…

1ヶ月で5㌔痩せたダイエットサプリの詳細はこちら

このページの先頭へ