幸せホルモン『セロトニン』を味方につけてダイエット!

何となく甘いものが食べたい
むしゃくしゃして、スイーツをドカ食いしてしまう
イライラするとお菓子がやめられな

そんな方は、セロトニン不足かもしれません。

セロトニンは別名『幸せホルモン』と呼ばれるホルモンですが、
セロトニンが不足すると甘いものを食べたくなると言われています。

そこで、セロトニンが不足する理由や、甘いものが食べたくなる理由、セロトニンを増やすための習慣などをご紹介したいと思います。

セロトニンとは

セロトニンは気分を安定させるのに必要な神経伝達物質で、90%は小腸で作られます。

気分を上げるためにも必要でありながら、落ち込んだ気分を励ましたり、爆発しそうな感情を抑えたり、
感情には何かと必要な物質なんです。

別名『幸せホルモン』と呼ばれるセロトニンは、不足するとうつ病摂食障害に繋がります。

またセロトニンは睡眠にも関わっている物質で、不足すると睡眠が浅くなったり、寝つきが悪くなったり、不眠などの原因にもなります。

セロトニンが不足すると甘いものが食べたくなる

ストレスが溜まったり、疲れたりすると甘いものが食べたくなりませんか。

これにはちゃんとした理由があります。

セロトニンはトリプトファンというアミノ酸を原料に作られますが、このトリプトファンを脳に運ぶためにはブドウ糖が必要になります。

そのため食後にデザートを食べることによって、幸福感をより高めることができるんです。

また、血糖値が上がることも関係しています。
血糖値が上がることで、インスリンというホルモンが分泌されますが、このインスリンは血糖値を下げるとともに、体内でタンパク質が作られます。

体内のアミノ酸を使ってタンパク質が作られることで、トリプトファンの量が一時的に増え、セロトニンが多く作られます。

しかしあくまで体内のアミノ酸を使っているので、一時的なものになり、
再度甘いものを食べたくなってしまうんです。

セロトニンを増やすために

甘いものを食べることは、セロトニンの体内比率が増えるだけで、
セロトニンの量自体が増えているわけではありません。

そこで、セロトニン自体の量を増やす方法をご紹介します。

トリプトファンを含む食材をとる

一番手っ取り早いのが、トリプトファンを含む食材をとることです。
トリプトファンは、お肉や赤身のお魚、豆乳、バナナ、お米、納豆、アーモンドなどに多く含まれています。

朝日を浴びる

朝日を浴びることでセロトニンがたくさん分泌されます。
朝起きてずっとカーテンを閉めたままではなく、少し朝日を浴びるだけで変わります。

軽い運動をする

ウォーキングやサイクリングなど軽い運動はセロトニンの分泌量を増やします。
また、咀嚼回数を増やすこともセロトニンの分泌量を増やします

ビタミンB6、Cを摂る

ビタミンB6、Cはトリプトファンからセロトニンを作る時に必要になる栄養素なので、
意識して摂りたい栄養素です。

まとめ

最近疲れが取れない、気分が落ち込んでいる、
イライラして甘いものを食べてしまう、寝つきが悪い

などの症状がある方はセロトニンが不足している可能性があります。
また、気分が落ち込んだりイライラした時に甘いものを食べてしまう方は、
甘いもので一時しのぎをするのではなく、セロトニンの量を増やすことが解決の近道です。

朝日を浴びたり、軽い運動をしたり、トリプトファンを多く含む食品を食べることはとっても手軽にセロトニンを増やすことができます。

甘いものが手放せない方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

ダイエットサプリで1ヶ月で太ももが50cm→43㎝に!

浮腫みやすいデスクワークOLが
たった1ヶ月ダイエットサプリを飲むだけで、太ももにが50cmから43cm、体重が49キロから44キロに。
浮腫みとセルライトに効くダイエットサプリとは…

1ヶ月で5㌔痩せたダイエットサプリの詳細はこちら

このページの先頭へ