浮腫に効く!着圧ソックスの正しい選び方と注意点

浮腫みに効くと人気の着圧ソックスってご存じですか。

履くだけで浮腫みが解消されると、モデルさんや女優さんの間でも人気がある着圧ソックスですが、
自分に合った選び方や、正しい付け方を知っていると効果がより発揮されます。

そこで、人気の着圧ソックスの選び方や使い方、注意点などについてご紹介します。

浮腫みに効く着圧ソックスとは…?

着圧ソックスとは、もともと肢静脈瘤や深部静脈血栓、リンパ浮腫などの予防のために医療目的で使われていたものなんです。
リンパ液は、もともと心臓のようにポンプがないため、脚の筋肉を動かすことでそれがポンプの役割を果たし、循環する仕組みになっています。

しかし、座りっぱなしの仕事や、逆に立ちっぱなしでいることで、足の筋肉がうまく使われず、リンパ液が重力で足の下の方に溜まってしまうんです。

それを、圧力のかかったソックスを履くことで、筋肉の代わりにポンプの役割をしてくれ、リンパ液や足に溜まった血液をしっかり流し浮腫みを防止してくれるんです。

一般的には、脚の部位によって圧力の強さが変わってきます。
足首やつま先にいくほど圧力は強くなり、ふくらはぎや太ももに向かって圧力は弱くなります。

こうすることで、足先に溜まりがちなリンパや血液をしっかり流してくれるんです。

着圧ソックスの正しい選び方

着圧ソックスは、基本的には同じような作りをしていますが、圧力の強さが商品によってかなり変わってきます。

『圧力は強いほうが効くでしょ!!』と思うかもしれませんが、1日じゅう強い圧力をかけていては、逆に脚に負担がかかり、かえって脚の疲れや浮腫みに繋がってしまうことがあります。

そこで、つける時間よって、着圧ソックスの種類を変える事をオススメします。

お昼や日中つけるのであれば、ストッキングタイプなどで、圧力の弱いものがオススメです。
足全体に、優しく圧力をかけることで、浮腫み予防に効果的です。
浮腫に効く!着圧ソックス

夜、お家に帰ってからやお風呂あがりにつけるのであれば、圧力の強めのもので、溜まった老廃物をしっかり流し、浮腫みを解消するのがオススメです。
一緒にマッサージをしたり、ストレッチをすると、より効果的ですよ。
浮腫に効く!着圧ソックス

着圧ソックスの注意点

浮腫みの予防にも解消にも役立つ着圧ソックスですが、使用の際には注意しないといけないことがあります。

それは、睡眠中は、睡眠用の着圧ソックスか、あまり圧力の強くないソックスにする、または履かない、
ということと、あまり長時間、無理に圧力をかけすぎない、ということです。

浮腫に効く!着圧ソックス

浮腫みを解消したい!脚を細くしたい!という思いから、四六時中キツイ着圧ソックスを履く女性が増えているようですが、
ずーっと締め付けられていては、むしろ脚は窮屈で老廃物が流れません。

引き締める→緩める
という循環でより効果的に老廃物を流せるので、頑張りすぎず、上手に取り入れていきましょう。

ダイエットサプリで1ヶ月で太ももが50cm→43㎝に!

浮腫みやすいデスクワークOLが
たった1ヶ月ダイエットサプリを飲むだけで、太ももにが50cmから43cm、体重が49キロから44キロに。
浮腫みとセルライトに効くダイエットサプリとは…

1ヶ月で5㌔痩せたダイエットサプリの詳細はこちら

このページの先頭へ