スムージーは冷えに注意!冷えでダイエット効果が激減

スムージーは酵素やビタミンなどの栄養素がしっかりとれて、ダイエットだけでなく美容や健康にもいいと人気があります。

そんなスムージーの欠点を挙げるとすれば、ズバリ体や内臓が冷えるということです。

スムージーを自分で作っている方は分かると思いますが、スムージーを作る時は野菜や果物を使いますよね。
この野菜や果物は、冷蔵庫から取り出してすぐ使うのではないでしょうか。

また、レシピによっては冷えた牛乳や豆乳を入れたり、氷を入れてミキサーにかけたりしますよね。

この冷えたスムージーを飲むことで、内臓が冷えてしまうんです。

冷え

では内臓が冷えるとどのようによくないのでしょうか。

まず冷たいものを摂ると、胃が冷えてしまいます。

冷えると動きが悪くなってしまうので、食べたものを上手く消化しきれず、そのまま腸へと運ばれます。
消化が上手く行われていないまま腸へ運ばれると、腸も上手く栄養を吸収できず、せっかく摂ったビタミンや酵素が無駄になってしまいます

また、腸も冷えてしまうと、動きが鈍くなり便秘を招いてしまうので、それもダイエットによくありません。

便秘は放っておくとお腹周りの血管やリンパ管を圧迫し、下半身の代謝を落としてしまいます。

下半身の代謝が落ちると、冷え浮腫みを招いたり、脂肪がつきやすくなってしまうので、下半身がどんどん痩せにくくなってしまうんですね。

また、内臓が冷えていると基礎代謝も下がるので、カロリーをあまり摂ってなくても痩せないということになってしまいます。

スムージーで内臓を冷やさないために

しかし、そうはいってもスムージーには色々な栄養もありますし、ダイエットだけでなく美容や健康にもいいので飲みたいよね。

ではスムージーを飲みつつ内臓を冷やさないためにはどうしたらいいでしょうか。

常温の果物や野菜を使う

スムージー

まず、自分でスムージーを手作りしている方は、冷蔵庫から取り出してすぐの果物や野菜を使うのではなく、常温に戻したものを使うようにしましょう。
牛乳や豆乳、ヨーグルトなどを混ぜる場合も、使う分だけ一度常温に戻しておくのがおすすめです。

氷を入れたほうが冷えて飲みやすいですが、氷は我慢してやめておきましょう。

わざわざ常温に戻すのが面倒な方は、粉末タイプのスムージーもおすすめです。

粉末グリーンスムージー人気ランキング

粉末タイプなら水や豆乳と混ぜるだけなので、果物や野菜を常温に戻す必要もありません。

夏場は特に、長時間常温に戻すと痛みやすくなってしまうので、常温のお水で簡単に作れる粉末タイプのほうが負担が少なくて済みます。
生の野菜や果物から作るスムージーに比べると栄養素は劣りますが、手軽さを優先するなら粉末がおすすめです。

温かい飲み物と飲む

それでも飲みやすさや、時間の都合で冷たいスムージーを飲むのであれば、一緒に白湯やハーブティーなどの温かい飲み物を飲むのがおすすめです。

白湯

特に白湯は体内の老廃物を排出しやすくしてくれるので、おすすめです。

コーヒーや紅茶などでもいいですが、カフェインも入っているので、できるだけスムージーの栄養素をそのまま取り込める白湯かハーブティーがおすすめです。

シナモンや生姜を入れる

また、スムージーにシナモンや生姜などの血行をよくするものを入れるのもおすすめです。

シナモンはバナナや豆乳と相性がいいですし、冷え性や浮腫みの解消にも効果があり、積極的に摂りたい栄養の1つです。

生姜は、生のものだとジンゲロールという内臓の熱を手足に運ぶ作用のある成分が多いので、火を通したものがおすすめです。
火を通すとジンゲロールはショウガオールという成分に変わり、ショウガオールは体の内側から熱を発生させて温めてくれる効果があります。

そのため、チューブタイプの生姜や生のすりおろし生姜ではなく、1度火を通して乾燥させた粉末タイプのものなんかがおすすめです。

生姜はリンゴやニンジンなどサッパリした味と相性がいいですし、お野菜との相性もいいので使いやすいです。

まとめ

スムージーはダイエットや美容にいい飲み物ですが、冷えたものを毎日飲むと内臓が冷えてしまい、代謝が落ちて結果太りやすくなってしまいます。

そうならないためにも、常温に戻した野菜や果物で作ったり、温かい白湯やハーブティーと一緒に飲んだり、血行をよくする作用のある生姜やシナモンを入れるのがおすすめです。

ダイエットサプリで1ヶ月で太ももが50cm→43㎝に!

浮腫みやすいデスクワークOLが
たった1ヶ月ダイエットサプリを飲むだけで、太ももにが50cmから43cm、体重が49キロから44キロに。
浮腫みとセルライトに効くダイエットサプリとは…

1ヶ月で5㌔痩せたダイエットサプリの詳細はこちら

このページの先頭へ