小麦粉が便秘になる理由

穀物には食物繊維が含まれているので、小麦は便秘にいいというイメージを持っている方もいます。
しかし一般的に食べられている小麦粉は、便秘を引き起こしやすいんです。
よく家庭で使う小麦粉や、パスタやパン、うどんに使われている小麦粉は
穀物の栄養素が詰まった胚芽の部分を取り除き、小麦の83%を占めている胚乳部分を粉状にしたものでできています。

この胚乳部分は、糖質とタンパク質が主成分で、ビタミンやミネラル、食物繊維はほとんど含まれていません

また、日本人のカラダには小麦は合わないと言われていて、消化にとても時間がかかります。
そのため腸に長くいなければいけないので、他の食べたものが詰まり、便秘を引き起こしやすくなります。

あまり知られていませんが、小麦にはモルヒネの100倍もの“オピオイドペプチド”という成分が含まれているので、
腸を麻痺させ、動きを鈍らせてしまいます。

消化に時間がかかる上に、腸の動きが鈍くなってしまっては、
当然便秘になりますよね。

しかも小麦にはカラダを冷やす作用があります。
カラダが冷えるということは、胃腸の動きが弱くなってしまうので、これも便秘に繋がりますし、
女性にとっては大敵の浮腫みも引き起こしてしまいます。

皆さんもご存知の通り、小麦粉は現代食ではあらゆるところで使われています。
パスタ、うどん、そば、ピザ、パンなどの主食に始まり、お好み焼き、たこ焼き、焼きそばなどの粉物、クッキー、ケーキなどの甘いものにもたっぷり入っているため
全部を取り除くのは至難の業です。
ただ、朝は菓子パン、昼はうどんやパスタ、おやつにクッキーやケーキなどは小麦粉の摂り過ぎです。
極力ご飯を主食にし、野菜やタンパク質をバランスよく食べることを心がけましょう。