ココアで便秘解消してダイエット!?効果アップの飲み方は?

寒くなると、暖かくて甘い飲み物が飲みたくなりませんか。
ダイエット中は甘いもの禁止!だから、甘い飲み物も我慢している方は多いかと思いますが、実は、ダイエット中にもオススメの甘い飲み物があるんです。

それは、ココアです。

ココアにはダイエットや美容にいい成分がたくさん含まれているので、ダイエット中にもおすすめの飲み物です。

そこで、ココアのダイエット効果やおすすめの飲み方などご紹介していきたいと思います。

cocoa

ココアのダイエット効果

食物繊維が便秘を解消

便秘解消

ココアにはまず、食物繊維が豊富に含まれることから、便秘になりがちなダイエット中の強い見方になってくれます。

ココアに含まれる食物繊維はカカオリグニンという成分ですが、このカカオリグニンは腸内環境を整える効果もあるため、長期的に飲むことで便秘を起こしにくい体質へと改善してくれる効果もあります。

だいたい1杯あたり1.7gもの食物繊維がとれますが、1.7gというとキャベツを100g食べるのと変わりません。
キャベツをムシャムシャ食べようと思うとけっこう大変ですが、ココアを1杯飲むだけならとても手軽ですよね。

ビタミンB群が代謝アップ

代謝アップ

また、糖質の代謝に欠かせないビタミンB群もたくせん含まれるので、代謝が上がり、ダイエットに効果的です。
ビタミンB群が不足すると、食事で摂った糖質や脂質、タンパク質を上手く代謝できず、エネルギーが作られないので、太りやすくなるだけでなく、疲れやすかったり冷えやすくなってしまいます。
冷え浮腫みやセルライトも招いてしまうので、ビタミンB群をしっかり補うことは、代謝をよくするだけでなく、疲れにくく体温も上げてくれるんですね。

鉄分とポリフェノールで代謝アップ

代謝アップ

ココアには、酸素をしっかり運んで代謝を上げるために必要な鉄分も豊富に含まれています。鉄分が不足すると全身に酸素が運べず、代謝が落ちて太りやすくなってしまいます。また、お肌の代謝も落ちるので、お肌のクスミやニキビ、シミなどの原因になります。

ココアには抗酸化作用のあるポリフェノールカルシウム亜鉛も豊富で、ポリフェノールが血液をサラサラにして代謝を上げてくれたり、亜鉛が新陳代謝をよくしてけれたり、カルシウムが脂肪をつきにくくしてくれます。

リラックス効果でストレス解消

ストレス解消

それだけでなく、ココアの香りを嗅ぐとホッとしたことはありませんか。
あれは、ココアの苦味成分テオブロミンと、ココアの甘い香りがストレス解消になるためです。

ダイエット中は我慢も多くストレスが溜まりがちなので、ストレスを溜め込まないためにもココアはダイエットにとっても役立つ飲み物なんです。
ストレスが溜まると、自律神経のバランスが乱れやすくなり、便秘や浮腫みを引き起こしたり、代謝低下を引き起こしたり、ひどいと睡眠にも影響が出てきます。
睡眠不足になると、食欲が増してしまいますし、ココアでリラックスしてストレス解消するのは、ダイエットにも健康にもいいことなんですね。

市販の甘いココアには注意

では、ココアならなんでもよくてガブガブ飲んでいいのかと言うと、そうではありません。
特に市販の「調整ココア」というココアの粉は、お砂糖がかなりたっぷり含まれている上に、コクを出すために粉末の脂肪分が含まれています。
よく、「ミルクココア」という表記で売られています。

他にも、缶やペットボトルで売られているココアにも、お砂糖や脂肪分がかなり入っています。

原材料を見ると、お砂糖が一番多く入っているココアもあるほどです…

ではどういったココアがオススメかというと、調整成分の入っていないピュアココアで作ったココアです。

cocoa2

一番いいのは、このピュアココアを牛乳やお砂糖ナシでお湯だけで溶いただけのものを飲むことですが、独特の苦味もあり飲みにくく感じる人も多いようです。

そこで、このココアに大さじ1杯程度のはちみつを入れ、お湯の代わりに温かい豆乳で割ったソイココアがオススメです。

最初は少し甘みが足りなく感じるかもしれませんが、ゆっくり味わって飲むと、ちゃんと甘味も感じられ、美味しく感じます。

美味しさ重視でいくと、脂肪分の多い牛乳や生クリームを使い、甘さもしっかりあるココアの方がいいですが、ダイエットのために飲むのであれば、極力お湯か豆乳、甘さもハチミツを少し入れる程度がおすすめです。

また、ココアはアイスよりホットがおすすめです。
アイスだと内臓を冷やしてしまい、代謝低下や便秘の原因になってしまいますが、ホットなら血行をよくしたり代謝アップにも効果的です。ホットにしてゆっくり味わうように飲むのがおすすめです。

ココアの飲むタイミング

豆乳には、腸を覆って、脂肪や糖分を吸収するのを防ぐ効果があるので、食前にゆっくり1杯飲むのもいいですし、お腹が空いた時に飲むのも効果的です。

他にも、ココアにはカラダを温める作用があるので朝飲んで、1日の代謝を上げるのも
ダイエットにはいいですね。

ココアには意外とたくさんカフェインも含まれているため、寝る前や夜はあまりおすすめできません。カフェインは摂ってから4〜6時間ほどで血中濃度がピーク時の半分になりますが、カフェインに敏感な方はそれでも睡眠の質がていかしてしまいます。できればココアを飲むのは夕方までにし、夜は飲まないようにしましょう。

毎日飲んでも飽きないレシピ

そんなココアも、毎日飲むと慣ればだんだんと飽きてきますよね…
そこで、ちょっとしたアレンジを加える事で、飽きることなく美味しく飲めるレシピをご紹介したいと思います。

1.+生姜

生姜

生姜を加えることで、冷え性にも効果的ですし、内蔵が温まるので、冷えからくる便秘などにも効きます。
生姜をすりおろしてそのまま入れてもいいですし、絞り汁や粉末の生姜でもいいです。
この場合ははちみつではなく、黒糖などのほうが相性がいいですよ。

2.+シナモン

シナモン

シナモンには血管拡張作用があり、冷えを解消する効果があります。
また、スパイスで味にもかなり変化があるので、普通のココアに飽きた時にオススメです。入れすぎると独特の苦味があるので、少量から試してみましょう。

3.+オレンジジュース

オレンジジュース

オレンジピールの入ったチョコレートのような味になります。
お好みでオレンジジュースを入れたり、オレンジジュースをベースにしてココアを作るのもアリです。

ダイエットサプリで1ヶ月で太ももが50cm→43㎝に!

浮腫みやすいデスクワークOLが
たった1ヶ月ダイエットサプリを飲むだけで、太ももにが50cmから43cm、体重が49キロから44キロに。
浮腫みとセルライトに効くダイエットサプリとは…

1ヶ月で5㌔痩せたダイエットサプリの詳細はこちら

このページの先頭へ