寝相が悪いと太る?ダイエットにいい寝方とは

体が歪んでいると太りやすい、とよく言いますよね。

体が歪んでいると、使わなくていい筋肉を使ってしまい太くなったり、使うべき筋肉が使えず脂肪がついてしまったり、リンパが圧迫されて浮腫みやすくなったりと、ダイエットによくないことがたくさん起きてしまいます。

そこで、一生懸命骨盤矯正をしたり、ストレッチやヨガで骨盤や体の歪みを整えようとしている女性も多いのではないでしょうか。

しかし、どんなに頑張っていても、寝相が悪いと寝ている間に体が歪んでしまい、太りやすくなってしまうんです。

寝ている時間は意外と長く、長時間体を歪ませる体勢で寝ていると、知らず知らずのうちに悪い骨盤のクセもついてしまいます。

せっかく休むために寝ているのに、体が浮腫んで太りやすくなってしまってはもったいないですよね。

そこで、ダイエットにいい、体が歪まない寝方をご紹介したいと思います。

横向きはダメ

横向きは腰に負担がかからないため、腰痛がある方は無意識に横向きで寝てしまうようです。

しかし横向きは片方の骨盤に負担がかかり、骨盤を歪ませる原因になってしまいます。
また、胸が垂れる原因になったり、枕による摩擦で顔にシワができやすくなったりと、ダイエット以外の面でもおすすめできない寝方です。

どうしても横向きが治らない、という方は、せめて足にクッションなどを挟み、骨盤が歪まないようにしましょう。

うつ伏せは1番ダメ

うつ伏せは、内臓に不調がある時にや、貧血の時にとってしまいがちな姿勢だそうです。

うつ伏せは首に負担がかかりやすく、背骨の曲線が保てないため、腰痛や骨盤の歪みに繋がってしまいます
また、呼吸が浅くなるので代謝が下がりダイエットにもよくありません。

首だけよこにして寝る場合も、頸椎(けいつい)がずれてしまいます。
首には様々な神経が密集しているので、悪化すると自律神経失調症やうつ病を招くこともあります。

最もおすすめなのは仰向け

最もおすすめなのは仰向けです。

仰向けは左右対称の寝方で背骨にも負担がかからないため、骨盤が歪むこともありません。

仰向けで寝ると腰や背中が痛い、という方は骨盤や背骨が曲がっている証拠です。
そういった場合はストレッチや整体などで治すと仰向けが楽になります。

また、仰向けだけど片方の足を曲げて寝てしまう場合も骨盤を歪ませる原因になります。
よく足を4の数字のように、片足だけ曲げるのが落ち着く方がいますが、その姿勢が落ち着くのは骨盤が歪んでいてバランスを保とうとしているからです。

しかしそのラクな姿勢を続けていると、どんどんその歪みが定着してしまうので、極力仰向けで脚は揃えるか少し開く程度にしましょう。

ダイエットサプリで1ヶ月で太ももが50cm→43㎝に!

浮腫みやすいデスクワークOLが
たった1ヶ月ダイエットサプリを飲むだけで、太ももにが50cmから43cm、体重が49キロから44キロに。
浮腫みとセルライトに効くダイエットサプリとは…

1ヶ月で5㌔痩せたダイエットサプリの詳細はこちら

このページの先頭へ