カフェインが下半身を太くする?コーヒーとダイエットの関係

毎日朝はコーヒーを飲んでいる
仕事の合間には必ずコーヒーを飲む
そんなコーヒー愛好家の方は多いですよね。

コーヒーのいい香りには気分をリラックスさせる効果もありますし、コーヒーを飲んで眠気を覚ましたい!という時にも活躍してくれます。
女性だったらお友達とカフェに行ってお話することも多いですよね。

しかしそんなカフェタイムが、実は下半身ダイエットを妨げているかもしれないんです。
その原因は、コーヒーに含まれるカフェインにあります。
カフェインというとむしろ脂肪の燃焼を促す、というイメージが強いですが、どうしてダイエットによくないのでしょうか。

そこで、カフェインで下半身が太りやすくなってしまう原因や、カフェインとダイエットの関係についてご紹介していきたいと思います。

スタバ

カフェインで下半身が太る?その理由とは

カフェインで下半身が太りやすくなってしまう理由は3つあります。

理由1.浮腫みやすくなる

浮腫み

塩分を摂りすぎると浮腫む、というのはよく聞きますよね。
塩分に含まれるナトリウムが体内にたくさんあると、ナトリウムの濃度を下げようと水分を溜め込もうとします。

この余分なナトリウムを排出するのがカリウムですが、カフェインにはこのカリウムを排出してしまう作用があります。
そのため体内にナトリウムが溜まりやすくなり、それが浮腫みへとつながってしまいます。

浮腫みを放っておくと、溜まった老廃物と脂肪細胞がくっついてセルライトへと悪化してしまいますし、一度セルライトになってしまうとなかなか脂肪が燃えず痩せにくくなってしまいます。
特に下半身が浮腫みやすくなるので、太ももやお尻にセルライトができて、下半身がどんどん痩せにくくなってしまうんですね。

セルライトができる原因とは?冷えと浮腫みが最大の原因

理由2.代謝が落ちる

内臓脂肪

カフェインには鉄分の吸収を妨げる作用があります。
鉄分が不足することで、全身に酸素が行き渡りにくく代謝が落ち、脂肪がつきやすくなったり冷えて浮腫みやすくなってしまいます。

理由3.脂肪を溜め込みやすくなる

tuneru

カフェインを摂ると、ストレスホルモンであるコルチゾールが分泌されます。
このコルチゾールには脂肪を溜め込んで太りやすくしたり、水分を溜め込んで浮腫みを引き起こしたりしてダイエットを妨げます。
基礎代謝を落としてしまったりエネルギーを蓄えようとするので、コルチゾールはダイエットをする上で極力分泌させたくないものなんですね。

カフェインには脂肪の燃焼を促す作用も?

カフェインの悪いところばかり紹介しましたが、カフェインにはいいところもあります。

脂肪の分解を促進

セルライト

カフェインにはリパーゼという脂肪の分解をする酵素の働きを促す効果があります。
脂肪を燃焼するには、まず脂肪を脂肪酸とグリセリンに分解する必要があり、その分解された脂肪酸をエネルギーとして燃焼します。
カフェインには脂肪を脂肪酸とグリセリンに分解するのを促す効果があるので、運動前に摂取することで脂肪が燃えやすくなります。

リラックス効果

リラックス

コーヒーの香りを嗅ぐとなんだか気持ちが落ち着きませんか。
あれはコーヒーの香りにリラックス効果があるからです。
ストレスで過食してしまいそうな時なんかにもいいですよね。

ダイエット中はコーヒーは飲んだほうがいい?

コーヒー

では、脂肪を分解する効果があるなら、ダイエット中は飲んだほうがいいのかな、それとも浮腫みや代謝低下しやすいから飲まないほうがいいのかな、と悩んでしまいますが、実際はどっちがいいのでしょうか。

答えは、運動前なら1杯程度飲むのがおすすめです。

コーヒーには脂肪を分解する作用がありますが、あくまで分解するだけでエネルギーとして燃焼しなければまた脂肪に戻ってしまいます
運動前であれば脂肪が早く分解され、燃焼されやすくなるのでダイエットに向いています。

特に運動する前でなければ、脂肪は分解されるけどまた脂肪に戻る、というのを繰り返してしまいますし、浮腫みや冷えを招いてむしろダイエットを邪魔してしまいます。

飲むならブラックで

ただ、運動前にコーヒーを飲むときは、ブラックにしておくのが無難です。
お砂糖を入れてしまうと、せっかく脂肪を分解しても、血液中の糖分が先にエネルギーとして使われてしまい、分解した脂肪をエネルギーにするのが後回しになってしまうので、カフェインの効果が薄れてしまいます。

ミルクにも乳糖という糖分が多少含まれますし、飲みすぎはカロリー摂取してしまうので、ダイエット目的で飲むならブラックがおすすめです。

アイスコーヒーよりホットコーヒー

コーヒーには体を冷やす作用があるため、アイスコーヒーで飲んでしまうと体を冷やして代謝を悪くしてしまうので、飲むときはホットコーヒーがおすすめです。

もちろん、お友達とのカフェタイムや一息つきたい時は、カフェラテやカフェモカなんかもいいですが、毎日習慣でなんとなくコーヒーを飲んでしまっている方は、それだけで浮腫みや冷えを招いたり、ストレスホルモンが分泌されて太りやすくなってしまっている可能性があります。

管理人も、コーヒーを飲むとその日はいつもより浮腫みやすくなるので、飲んでも1日に1杯までにして、飲むときは基本的にホットにしています。
あとは血行をよくする作用のあるシナモンを振りかけたりして飲むようにすると、多少浮腫みも和らぎます。

リラックスタイムとしてたまに飲むのはいいですが、なんとなく習慣で飲んでしまっている方は一度見直してみましょう。

ダイエットサプリで1ヶ月で太ももが50cm→43㎝に!

浮腫みやすいデスクワークOLが
たった1ヶ月ダイエットサプリを飲むだけで、太ももにが50cmから43cm、体重が49キロから44キロに。
浮腫みとセルライトに効くダイエットサプリとは…

1ヶ月で5㌔痩せたダイエットサプリの詳細はこちら

このページの先頭へ