ダイエット中の太らない焼肉の食べ方ルール

ダイエット中はあれも食べちゃだめ、これも食べちゃダメ、と何かと食事を制限して頑張る事が多いですよね。
そのうちの1つに、焼肉があります。

焼肉はカロリーも高く、脂肪も多いので太るイメージが強いですが、食べ方を間違えなければむしろダイエットにいい食べ物なんです。韓国の女性は細いけど焼肉やサムギョプサルなどをよく食べてますしね。

そこで、カラダにお肉がつかない焼肉の食べ方ルールをご紹介します。

ルール1、まずはナムルやキムチの野菜を

焼肉を食べ始める前には、まずはナムルやキムチなどの野菜を食べましょう。そうすることで、繊維質が先にお腹に入るので血糖値が急上昇し、脂肪がカラダにつくのを防げます。
またキムチは脂肪を燃焼してくれるカプサイシンが含まれているので、積極的に食べるようにしましょう。

ルール2、白ご飯は食べない

こちらでもご紹介しましたが、糖質と脂質の組み合わせは最もカラダに脂肪がつきやすいんです。
糖質と脂質の組み合わせはかけ算で太る

そのため、お肉の脂肪とお米の糖質はとっても太りやすい組み合わせなんです。

お肉を食べる時は野菜&お肉だけにして、白ご飯は我慢すると太りにくいですよ。

ルール3、スープも忘れずに

生野菜を多めに食べることで、体が冷えやすくなってしまいます。
わかめや、卵などのあっさりスープを一緒に摂ることで、体を温めて代謝をよくします。
わかめには脂肪の吸収を抑える効果があるので、体脂肪をつきにくくしてくれます。

ルール4、お肉は赤みがおすすめ

お肉は脂肪が少ない赤みがおすすめです。
赤みのお肉には、脂肪を燃やす効果のあるL-カルニチンが含まれています。
また牛肉赤みには鉄分が含まれていますが、この鉄分はほうれん草の鉄分と一緒に摂ると体内吸収率が10倍にもアップします。
貧血になりやすい女性は特に、ほうれん草のナムルなどと一緒に食べたいですね。

ルール5、お肉はサンチュと一緒に

せっかく焼肉に行ったら、赤みのお肉だけでなくカルビなどもちょっと脂身のおいしい部位も食べたいですよね。
そんな時はサンチュや薬味と一緒に食べるようにしましょう。
野菜の食物繊維を一緒にとることで、脂肪の吸収を抑える効果があります。

ルール6、〆はクッパやビビンバがおすすめ

〆はできるだけ食べないほうがいいですが、どうしても食べたい時はスープクッパやビビンバをみんなでシェアしましょう。
ビビンバは野菜も多いので、糖質の吸収が抑えられ、体脂肪がつきにくくなります。

ダイエットサプリで1ヶ月で太ももが50cm→43㎝に!

浮腫みやすいデスクワークOLが
たった1ヶ月ダイエットサプリを飲むだけで、太ももにが50cmから43cm、体重が49キロから44キロに。
浮腫みとセルライトに効くダイエットサプリとは…

1ヶ月で5㌔痩せたダイエットサプリの詳細はこちら

このページの先頭へ